転職エージェント

転職時の年収交渉は転職エージェントに依頼するのが鉄板な理由。

交渉成立

転職を考えている人の中には年収アップを狙って転職活動をしている方も多いです。
今よりも年収がアップすることで、生活が豊かになりプライベートも充実します。

 

サラリーマンにとって年収がアップすることは仕事に対してのモチベーションアップにもつながりますので、年収は仕事をする上で重要な要素です。

 

ですが今の職場で年収アップが見込めない人も少なくありません。

 

ですので「年収アップのために転職をする」という選択肢を選ぶことは決して間違いではないのです。

 

ただし個人で年収交渉をするのは、よほどのキャリアを持った人以外はお勧めできません。

 

今回は
・年収交渉のポイント。
・年収交渉の注意点。
・おすすめの年収交渉の方法。
を中心にご紹介していきます。

 

少しでも年収交渉を成功させたいのであれば転職エージェントに依頼するのがベストです。

 

年収交渉3つのタイミング

握手

年収交渉を行うには”適切なタイミング”というのが存在します。
適切なタイミングとは一言で言うと「スムーズな年収交渉」と言い換えることができます。

 

もちろんタイミングはケースバイケースが多いのですが、転職活動で多い年収交渉のタイミングは次の3つになりますので、まずはこのタイミングをおさえておきましょう。

 

1、面接中に聞かれる

面接中に面接官から希望の年収を聞かれることが結構あります。

 

特に多いのは一次面接のタイミングです。

一次面接は主に企業の人事部の人が担当しますので、あなたの職務経歴と合わせて希望年収を確認してくることが多いです。

 

一次面接で希望年収について質問された時にはしっかりとあなたの希望年収を伝えるようにしましょう。

 

ちなみに二次面接は役員面接になるケースが多く、役員は社員の年収について細かく把握していませんので、役員に年収交渉をするのはNGです。

年収について聞かれた場合、年収ベースで回答するよりも、月収ベースで答えた方がソフトに感じることがあります。

 

例えば年収60万円アップを狙っている場合、ストレートに「年収50万アップ希望です」と言うよりは「月収で今よりも5万円アップできればと思います」と伝えた方が同じ60万円でもやんわり聞こえます。

 

2、面接時に聞く

もちろん面接官から希望年収を聞かれない場合もあります。
その時は面接の最後にこちらから質問するのもありです。

 

こちらから年収に関しての質問をする時は、ストレートに「私の希望年収は○〇〇万円です」と伝えるよりも、「私の経験やキャリアではどれくらいの給与モデルになりそうですか?」といったように、交渉の出だしはやんわりスタートするのがいいでしょう。

 

こちらから年収について質問する場合はいきなり本気の年収交渉にならないように気をつけましょう。

面接で年収交渉するよりは「相場感を探る」程度にしておかないと、「この人は年収で折り合いがつかない」ということで不採用になるケースもありますので注意しましょう。

 

3、最終面接後の面談

ひと通り面接が終了して、ほぼ内定が決まったタイミングで、最終的な確認を踏まえた最終面談を行うケースがあります。

 

最終面談まで行けば内定まであと一歩のところですが、ここで最後の年収交渉のチャンスがあります。

 

企業側があなたを「ぜひ採用したい」と考えているのであれば、さらに年収交渉が成功する可能性が高まります。

「年収での折り合いがつけば入社したい」という意向を伝えるようにしましょう。

 

最終面談だからといって、一方的に年収交渉するのはよくありません。

最後にひと押しするためには「あなたが入社後どうやって会社に貢献できるのか」を再度しっかり伝えるのがポイントです。

前述した部分は、これまでの面接などで伝えているはずなので意思表明という意味合いでしっかり熱意を伝えた上で交渉に挑みましょう。

 

年収交渉の注意点

年収交渉を行う場合にはいくつか注意点もあります。

 

この注意点をおさえておかないと、いつまでたっても転職できないという可能性もありますので気をつけましょう。

 

1、業界の年収からかけ離れていないか。

年収交渉を狙う前に、希望の転職先の業界の給与相場をまずは調べておきましょう。

 

各業界には”適切な給与ベース”があり、業界によってベースが高い場合ともともと低い場合があります。

 

万が一あなたの希望している業界の給与水準が低いのにも関わらず、業界の平均以上の年収を望むのは得策ではありません。

 

例えば一般的な年収が350万円の業界で年収500万円を希望するのはかけ離れ過ぎていますので、希望の年収で働くのは困難です。

 

まずは業界の年収を調べて、極端にかけ離れていないかを確認して年収交渉を行いましょう。

 

2、自分を過大評価していないか。

これもありがちですが、”自分を過大評価している”というケースもあります。

「自分はこれだけの経験がある」「今の会社ではこんなキャリアを経験している」という現在の経験で「年収はこれだけ欲しい」と考える人がいます。

 

もちろん過去の経験やキャリアは今後の年収を決める上で重要な要素になるのですが、場合によっては転職先であまり必要とならないケースもあります。

 

よくあるのが”異業種への転職”の場合です。

 

これまで働いてきた業界では重宝されるようなキャリアや スキルでも、別の業界ではあまり必要とされないスキルということもあります。

 

1人で転職活動を行なっていると、意外と自分を過大評価していることがります。

 

年収アップを狙う転職を始める前に、年収交渉で”武器になる経験やキャリアを持っているか”を客観的に見つめ直すことも必要になります。

 

3、交渉のタイミングは適切か。

年収交渉のタイミングは前述しましたが、基本のタイミングを無視したタイミングで交渉をしていないか注意する必要があります。

 

例えば役員面接で年収交渉をしたり、一次面接でガチ目の年収交渉をしていないかを振り返ってみましょう。

 

年収の交渉はとてもデリケートな話になりますので、タイミングが間違っていると採用に至らないことがありますので注意が必要です。

 

転職エージェントに年収交渉を依頼するメリット

年収アップを狙った転職は冒頭でも述べましたが、個人で行うよりも転職エージェントに依頼するのがベストです。

 

転職エージェントはマッチングのプロと同時に年収交渉のプロです。

 

また、転職エージェントにとって年収交渉は当たり前の仕事なので、年収交渉のテクニックも持ち合わせています。

 

転職エージェントに年収交渉を依頼すると多くのメリットがありますので、このメリットを踏まえて転職エージェントの活用を検討しましょう。

 

1、採用に影響するような年収交渉はしない。

転職エージェントは数多くのマッチングを経験しています。

もちろん年収アップを狙った人の転職も経験していますので、年収交渉に慣れているエージェントばかりです。

 

また、転職エージェントは紹介する企業の細部にわたって熟知していますので、従業員の平均年収を把握していることもあります。

 

ですので基本的に合否に影響が出るような無謀な年収交渉はしません。

 

求職者が希望する年収に届かない場合は、違う企業を紹介するか、妥協できる年収プランを提案してくれます。

 

また、交渉のタイミングも掴んでいますので、個人で交渉するよりも失敗の可能性は低いです。

 

2、無理な年収交渉はしない。

前述しましたが、業界によって平均年収は変わってきます。

 

転職エージェントはあなたの希望の業界に強いエージェントが担当になりますので、もちろん業界の年収も熟知しています。

 

ですので、希望の年収での転職が難しい場合は無理に交渉するのではなく、交渉の前に年収交渉が難しいという事を説明してくれますし、場合によっては違う業種(年収の高い業種)を紹介してくれたり、希望の年収をクリアするためのキャリアプランを提案してくれることもあります。

 

3、求職者の強みを最大限活用する。

自分を客観的に評価するのはなかなか難しいことです。

 

「自分には大したスキルや経験がない」

と思っていても、実は転職に有利になるスキルを持っている場合もあります(もちろん逆もありますが)。

 

転職エージェントはあなたのこれまでの経歴からあなたの強みを見つけ出すプロです

 

自分を過小評価している人は転職エージェントに相談してみましょう。
年収交渉で役立つ武器を見出してもらうことができれば転職エージェントはその武器を最大限活かして交渉してくれるはずです。

 

転職エージェントが年収交渉をするメリット

転職エージェント握手

転職エージェントでは”年収交渉”もサービスの一つというところがほとんどです。

 

転職エージェントはどうして年収交渉まで行なってくれるのか?

 

それは「あなたの年収アップが転職エージェントのメリットにもなる」からです。

 

具体的に転職エージェントにはどのようなメリットがあるのかというのは主に次の2つです。

 

1、転職エージェントがもらえる報酬がアップする。

転職エージェントは基本的な利用料が無料です。

 

どうして無料で利用できるのかというと、マッチングが成功した場合、企業側から成功報酬を貰って運営しているからです。

 

一般的な転職エージェントに支払われる成功報酬は”求職者の年収の30%”または”求職者の月給の3ヶ月分”くらいが一般的な成功報酬です。

 

つまり、年収交渉が成功すればその分転職エージェントに支払われる成功報酬もアップしますので、転職エージェントは年収アップが見込める求職者がいれば、企業側に率先して年収交渉をしてくれます。

 

2、転職エージェント(会社)の実績につながる。

年収がアップして嬉しくない求職者はいないでしょう。

 

年収交渉が成功すると、転職エージェント実績になりますのでその分エージェントの評価につながります。

 

もちろん転職エージェントの年収交渉の成功率が高くなれば、転職エージェントの会社の実績や評価アップにも繋がり、その結果利用者が増えますので転職エージェントの会社にとってもメリットがあるのです。

 

まとめ:年収交渉は転職エージェントに任せるのが一番

エージェント男女

個人で企業を相手に年収交渉を行うのはリスクが伴いますので、年収アップを狙った転職をするのであれば、個人で活動するよりも転職エージェントのサービスに登録して、転職エージェントに年収交渉を行なってもらった方が成功の可能性が格段に高まります。

 

また、交渉が難しい場合はきちんとアドバイスをしてくれますので、無謀な年収交渉を続けて疲弊してしまうこともありません。

 

日本はお金に関してタブー視する傾向がありますので、個人で年収交渉をする求職者を好まない企業もまだまだたくさんあります。

 

転職エージェントが仲介してくれることで、第三者の目線であなたの評価をして適切に年収の交渉をしてくれます。

 

年収アップしたいけど交渉に自信がない人や年収の交渉に失敗したくない人は転職エージェントのサービスを利用しましょう。

 

管理人もお世話になったおすすめの転職エージェントサービスはこちらの記事で詳しく紹介していますので、こちらも参考にしてください。

握手
はじめて転職する方におすすめ【人気・定番の転職エージェント3選】転職サイトに比べ転職エージェントはより転職が現実的になった時に登録するのがおすすめです。 転職エージェントは担当が付きますので担当...

 

はじめて転職する方におすすめ【人気・定番の転職エージェント3選】