販売・サービスの仕事

これでも携帯ショップに転職する?意外と辛いショップ店員の仕事内容

携帯ショップ店員

あなたも一度くらいは携帯ショップに足を運んだ事があると思います。

笑顔で商品説明や契約プランについて説明してくれる携帯ショップの店員さんに憧れる方もいるのではないでしょうか?

携帯ショップ店員の華やかさの裏には苦労もひときわです。

今回は携帯ショップ店員の仕事内容から大変な事、給料についてまとめました。

転職先に携帯ショップを考えている方はぜひ読み進めてじっくり考えてください。

携帯ショップ店員の仕事内容

携帯ショップ店員の仕事内容として携帯の操作説明、新規登録、機種変更対応、店内の清掃などです。

手続きや契約に関する説明は基本的なマニュアルがあるのでそれほど苦労はしないでしょう。

もちろん仕事は覚えるまでは大変ですが、慣れてしまえば作業となるので非常に楽です。

携帯ショップでは電話帳の移行や、データの移し替えも依頼があれば一緒になって行います。

携帯の基本的な使い方から、お客さんの疑問点まで一緒になって解決していくので、感謝される事も多いでしょう。

困った爺さん

携帯ショップは手続きなど時間がかかる仕事なので、1人に接客している時間が比較的長いです。

お客さんの要望に合わせて携帯の料金プランを選んだり、満足して帰ってもらえるように心を込めて接客を行わないといけません。

わからないところは上の者と変わる、というようにバトンタッチすることも可能なので初心者でも安心して働ける仕事場の一つです。

老若男女問わず訪れる店でもあり、平日は高齢者のお客さんが多いのでよりわかりやすいように説明を促してあげる必要があります。

 

2. 携帯ショップ店員の平均的な給料は?年収は?

給料も高い方であり、やる気次第によって年収も変動します。

月給は地域によって変動はありますが平均20万円前後が多いです。
社員はボーナスも付いている会社もありますが、雇用形態は契約社員スタートが多いです。

女性でも男性同等に働く事ができ、給料も比較的上がりやすいです。

高卒以上、未経験OKなので働きたいという意欲が強い人ほど率先して採用されるでしょう。

携帯ショップにお客さんが訪れやすい時期がありますが、その時期を避ければ人が押し寄せることも無いので比較的楽に働けます。

根詰めて働く必要も無く、高収入でもあるので、接客が好きな人こそ携帯ショップで働くことに向いています。

交通費も出る事が多いので余分な出費を気にすることもありません。

 

携帯ショップ店員のやりがいや大変な部分とは?

やりがいは達成感

お客様に誠意を持って対応すると、ありがとうという生の声を聞く事が出来るので、やる気に繋がります。

ショップ店員さんの接客で新規契約が取れた際には達成感も感じられます。

また、若者に接客をするのはいいですが、子供、お年寄りに説明するにはわかりやすい言葉で説明する必要があるので少しコツがいりますがそれらを乗り越えて、無事終了した時は達成感があり、自分の自信にも繋げてくれるでしょう。

携帯ショップ店員が大変なのはクレーム対応

携帯ショップ店員さんが大変な部分といえばやはりクレーム対応です。

荒々しい人だと店内で怒鳴ることもあるので、頭をひたすら下げていないといけません。

クレーム対応

クレームで多いのが操作に関する事と契約に関する事が多く、中には「知らないうちに余計なプランに加入させられていた」とクレームを付けてくる人もいます。

中には携帯ショップに責任のない理不尽なクレームもあります。

 

クレーム対応は誰でも嫌ですが人によっては慣れてくるようで、慣れれば意外と平気という人もいるようです。

携帯ショップが辛くて辞めて転職をする人の多くは、このクレーム対応がストレスで転職する人が多いそうです。

さまざまな商品・サービスを熟知しなければいけない

また、携帯の新機種・サービス(プラン)は日々新しいものがどんどん出てきます。

携帯ショップ店員さんは新機種の基本操作やスペック、新サービスの概要を把握する必要があるので、これらを勉強する必要があります。

マニュアルを覚えスラスラ説明できるようになるには時間がかかりますが、勤務年数が長くなれば長いほど熟知するので仕事をするのが楽です。

 

また新機種の発売前後はとても忙しくなります。

わかりやすい例としてはiPhoneの新機種が出た時は、機種変更の手続きなどで忙殺されてしまうそうです。

携帯ショップ店員もそれほど常駐していませんので、少ない人数でこなすとなると休みがほとんど取れない事もあるそうです。

 

携帯ショップ店員になる為に資格は必要?

携帯ショップ店員に転職や就職をするのに特別な資格は入りませんが、ほとんどの会社は高卒以上である事が必須です。

未経験でも働く事が出来ますが、モバイル実務検定試験に合格しているのであれば、転職や就職の際のアピールポイントになります。

モバイル実務検定試験は満16歳以上であれば誰でも受験する事が可能です。

モバイル実務検定とは?

目的
携帯電話サービス等の販売に消費者(ユーザー)保護の観点から通信にかかわる基礎知識・法知識を習得する。

検定内容
モバイル端末の市場に関する知識、商品・サービスに関する知識、コンテンツとsぷりケーションに関する知識、モバイル関連技術・サービスの将来、消費者保護に関する知識、セキュリティ知識、有害情報対策、個人情報保護に関する知識など。

引用:http://www.mcpc-jp.org/

 

モバイル実務検定試験に合格すると二年間有効になりますが、二年過ぎると更新手続きを受けないといけません。

8,600円で受ける事が可能なので、携帯ショップで働きたいという強い気持ちがある人こそ受けるのが良いでしょう。

資格を持つということはそれだけで武器になります。資格はあなたがその分野に特化している人材であることをアピールすることが可能です。

働く年齢は特に制限が無く、60代でも働く事が可能なので未来があります。

 

携帯ショップ店員に転職するには

携帯ショップ店員の募集は大手携帯会社の代理店で募集している場合が多く、ショップ店員の求人を探すには一般の転職サイトで探すのが一番効率的です。

比較的募集が多いので、こまめにチェックをしているといろんな携帯会社の募集が見つかると思いますので、あなたの希望や条件にあった会社を探すのがいいでしょう。

 

携帯ショップを辞める理由で多いのは「理不尽なクレームに耐えられない」という理由が多いので、かなりストレスがたまる仕事です。

携帯ショップ店員に転職するのは特に難しい事はありませんが携帯ショップ店員さんは意外と離職率が高いので注意してください。

携帯ショップの求人を探すなら【リクナビNEXT】がおすすめ

仕事探しが”大仕事”になっていませんか?

「そろそろ転職しようかな…」
「いつかは転職したい…」

 

そう思っていても、今の仕事が忙しくて休日はクタクタ…。

 

「転職したくても疲れきっていて気力がない…」という人はいませんか?

 

「転職活動が大仕事」という人はぜひ”転職エージェント”を上手に活用しましょう。

転職エージェントはあなたが”天職”に就くためのマッチングのプロです。

 

どんなに疲れていてもエージェントはあなたにあった仕事を見つけてくれますので、転職活動が大仕事になっている人は転職エージェントを活用して転職を成功させましょう。

 

転職エージェントを初めて利用する人はなにかと不安も多いかもしれませんが、ぜひ当サイトの記事を参考に転職を成功させてください。

 

当サイトでおすすめしている転職エージェントも下の記事で紹介しています。
こちらは多くの求職者に人気の大手の転職エージェントですので、初めて転職する方向けとなっています。

握手
はじめて転職する方におすすめ【人気・定番の転職エージェント3選】転職サイトに比べ転職エージェントはより転職が現実的になった時に登録するのがおすすめです。 転職エージェントは担当が付きますので担当...