転職活動の基本

絶望的と言われる40代の転職の現実に活路を見出すには?

絶望

近年の転職市場は企業の労働者不足も後押しして売り手市場と言われています。

売り手市場とはいわゆる「従業員を欲しがっている企業が求職者より多い」状態です。

このような状況の時は、企業側も求職者の取り合いなので、転職するタイミングとしてはちょうど良いとも言えます。

ですが、40代以上の方はこの売り手市場の恩恵を受けにくいと言われています。

 

そもそも40を過ぎると転職自体が厳しい、絶望的とよく言われています。

ですが様々な事情で40代でも転職活動を余儀なくされる場合もあります。

「40代で転職は本当に絶望的なのか」と諦めているかもしれませんが、そんな厳しい中でも40代、50代で転職している人がいるのは事実です。

今回は【40過ぎても転職を成功に導く転職の方法】についてまとめてみました。

ちなみに筆者も40代前半で転職を経験しました。
筆者が40代で転職できた方法についても紹介していますので参考になれば幸いです。

40代の転職は本当に絶望的なのか?

よく「40代になったら好条件での転職は絶望的」と言われていますが、40歳を過ぎると転職が絶望的といわれる理由は次の2つです。

1、安定した地位にいるのに転職するので慎重になる

それは「一般的に40代になるとそこそこのキャリアを積んでいて、それなりの地位にいる」と思われているからです。

確かに同じ会社で長年働いていると、スキルも身についてそれなりのキャリアを積んでいるでいるかもしれません。

一般的に”会社都合”であればまだ理解されやすいですが、0代で自己都合での退職は「何かあったのでは」とかまえてしまいます。

【会社都合の例】
・倒産
・リストラ
・事業縮小など

【自己都合の例】
・給料の問題
・体を壊す(長期入院・治療)
・職場の人間関係の問題
・家族の介護、看病など

会社都合で転職を余儀なくされる場合でも採用側は慎重になります。

考える人

例えばリストラや事業縮小で転職する場合「会社にとって貢献度が低かったのでは?」、人間関係が原因で仕事を辞めた場合「協調性に問題があるのでは」と取られてしまうこともあります。

実際に私も40代の求職者を面接した事も多々あり、面接中に前述のように思わされてしまう求職者もいました。

2、若い世代を教育した方が長期戦力になる

40代の人を採用して働いてもらったとしても定年まで20年弱。

それよりも20代、30代の世代の人を採用して教育した方がその会社にとっては長期戦力になる可能性があります。

一般的に1人の社員を採用して一人前になるまでかかる経費は数百万円と言われています。

一人前になるまで数百万円の費用をかけるのであれば、その分長く働いてもらいたいと思うのは至極当たり前と言えます。

一言で言うと『費用対効果を考えて採用する』といった感じですね。

 

まとめ

40代の転職は正直不利。

・40代はある程度安定した地位にいるはずが、何らかの理由で転職活動をしているので「前職で何か問題があったのでは?」と考えてしまう。

・40代の人を採用して教育するよりも20代、30代の人の方が長く働いてくれる可能性が高いから。

40代の転職が絶望的と言われるもうひとつの理由

20代、30代の転職者に比べると40代の人は正直不利なのが現状です。

ですが、その他にも40代の人が転職するのは絶望的と言われる理由があります。

1、プライドが高い

40代はある程度の地位にいることが多いと前述しましたが、それは同時に「部下をまとめていた経験がある」ということです。

プライドの高い男

部下をまとめた経験があるということは立場的に上にいたということなので、それなりの威厳や権威があったということです。

その過去の経験がプライドとなって転職活動の際に逆にアダとなってしまうことがあります。

2、上下関係があいまいになる

前述のプライドが悪い方向に働くと態度や言葉遣いに影響が出ることがあります。

例えば、面接官が自分より年下だった場合、面接中の言葉遣いがフレンドリー(悪く言えばなれなれしい)になる人がいます。

プライドの高い男

たとえ年下でも入社すれば目上の人になりますので、面接時になれなれしい態度だと「入社後に面倒な人になる」「仕事がしづらい」と思われてしまう可能性がありますし、入社後上下関係を無視するのではないかと思われてしまいます。

 

私が面接した46歳男性の実話

実際に私が面接をして即不採用にした40代の求職者の実話を紹介します。

その方は私より5つ年上の46歳男性で正社員希望で面接に応募して下さいました。

経歴もなかなかで、名の知れたハウスメーカーに勤務していて当時は課長職でした。

「こんなキャリアを持った人が面接に応募してくれるとは」と期待を胸に私が実際に面接をしましたが、残念ながら10分で面接を終了させました。

その男性を不採用にした理由は

  • 言葉遣いができていない
    「オタクの会社に〜」「入社日はそちらで決めてもらって大丈夫ですよ」など、とても正社員の面接に挑んでいるとは思えない言葉遣いでした。
  • 自分の自慢が多い
    「課長で給料はウン十万もらっていた」「部下は○人いた。そのうち○人を出世させた」など、実績というよりも自分の自慢話のようでした。

です。

一言でまとめると「謙虚さがない」ということです。

キャリアは素晴らしいと思うのですが、年齢やそのキャリアが逆に邪魔をしてしまっているかのようでした。

 

40代になるとある程度人生経験も積んで、管理経験も豊富な人が多くなります。

それゆえプライドが高くなってしまっている人も多いのも事実です。

その会社で働き続けるのであればプライドは高くても良いかもしれませんが、転職活動では高すぎるプライドは逆に邪魔になってしまいますので注意が必要です。

40代の転職は厳しい。しかしチャンスはある!

40代の方の転職が絶望的と悲観しないでください。

確かに20代30代に比べると40代の方の求人は少なくなるかもしれませんが、絶対に転職できないというわけではありません。

40代でも十分に転職を成功させることができます。

では40代の人が転職を成功させるにはどうしたら良いのかについて紹介していきましょう。

管理職以上の経験をしている40代の方

40代の方が転職する理由の一つとして”年収アップ”が理由の方が多いです。

年収アップ目的で管理職、マネージメント経験のある方は”ハイクラス求人専門の転職サイトで求人を探す”という選択肢があります。

ハイクラス求人は比較的マネージメント経験や役職者の募集が中心の転職サイトです。
ハイクラス求人が得意な転職サイトに登録できるのは目安として現在の年収が500〜600万円以上の方が対象になります。

管理職・マネージメント経験がない人

ハイクラス求人の基準に達していなくても転職は可能です。

40代の方がスムーズに転職をするには”転職エージェントの活用”がおすすめです。

転職エージェントはあなたのこれまでの経歴と希望の職種を参考におすすめの求人を紹介してくれる、いわば”マッチングのプロ”です。

エージェントは多くの求人案件を持っていますし、サイトで後悔していない非公開求人の案件も持っている場合が多く、独自で転職活動するよりも精度が高く、希望の条件以上の好条件で採用されることもあります。

「転職に自信がない」と思っている方は転職エージェントの活用をおすすめします。

絶望的といわれる40代が転職をする方法

40代の転職は相当の勇気が必要かもしれません。

なぜなら40代の方を積極採用している会社が極端に少なくなるからです。

といっても絶望しないでください。
40代でも十分に転職は可能です。

40代の方が1人で転職を成功に導くにはかなりハードルが高いかもしれませんが、転職エージェントを活用することで転職の可能性は高まります。

また、40代の方は「在職しながらの転職活動」をおすすめします。

 

40代はそう簡単に転職先が見つからないと思っておいた方が懸命です。

ですので、まずは生活の基盤をしっかり保ちつつ転職先を探すことで心理的なストレスを軽減しつつ、焦らずに転職活動をすすめましょう。

まとめ

40代の転職はかなり難しい。なぜなら】
・採用する企業が慎重になる。
・企業側も長く勤めて欲しいから若い世代を採用したがる。

【40代の人が転職活動に苦労するもう一つの理由】
・40代の人は経験がプライドが高く、面接でも言葉遣いに気を使わない。
・つまり”謙虚さがない”

【40代の人が転職するには?】
・転職エージェントの活用がおすすめ。

 

【転職活動を始める時に登録する転職サイトは3つでOK!】

「そろそろ転職活動を始めようかな?」
「いつかは転職したい」

といったように”転職時期が未定”の場合はまだ転職エージェントは必要ありません。

まずは下の記事のおすすめ転職サイトに登録して自分のタイミングで求人を検索しておけばいつでも本格的に転職活動がスタートできます。

100%成功
あなたの転職を成功に導くおすすめの転職サイト求人を探すには転職サイトがおすすめ 転職活動を始めるときに役立つのが”転職サイト”です。 今では転職活動に必須ともいえる存在とな...