転職の悩み・疑問

転職を有利に運ぶ資格の選び方と職種別おすすめの資格

資格を手に入れる

「どうすれば転職を有利にできるだろう」と考えている方は少なくありません。

また転職を有利に運ぶために資格取得を考えている方もいるでしょう。

資格は確かに転職を有利にする方法の一つですが、単に資格があればなんでもいいというわけではありません。

転職先で役立つ資格を持っていることが重要です。

今回は転職を有利に運ぶ資格取得のコツと職種別おすすめ・人気の資格についてご紹介します。

今回の記事は

・資格を取得してから転職活動を始めたい方。
・転職先で役立つ資格を探している方。

向けの内容となっています。

 

転職を有利に運ぶには親和性の高い資格を取る

当然といえば当然ですが転職を有利にするには資格はあったほうがいいですが、さらに有利にする資格は”転職先で役に立つ資格。

つまり転職先との親和性が高い資格を取得することが成功のポイントです。

親和性の高い資格を持っていると履歴書の見栄えが変わりますし、面接時のアピールポイントにもなります。

もちろん以前から資格を持っている人に比べれば取得したての方の場合は経験が浅いので若干不利ですが「御社にどうしても入社したいので取得しました」と言えれば十分にアピールできます。

今の仕事と希望の転職先の職種や業種が同じという方であればどの資格を取れば転職に有利になるかはわかると思いますが、未経験・異業種へ転職をしようとしている方はどんな資格が転職先で必要かもわからないと思います。

 

転職を有利にする職種別おすすめの資格

職種によって役に立つ資格は変わってきます。
ここでは職種別に代表的なおすすめの資格と人気の資格を紹介していきます。

営業職でおすすめの資格

営業職といってもいろいろな種類の営業があります。
また、未経験、無資格でも歓迎という企業も多いのですが、やはり資格があったほうが有利になります。

 TOEIC(国際コミュニケーション英語能力テスト)

TOEICとは英語のコミュニケーション能力を検定する試験です。

法人営業や外資系の企業では英語が必要になる機会がありますのでTOEICで高い点数を獲得していると転職に有利に働きます。

求人情報でよく「TOEIC 〇〇点以上歓迎」と記載があればTOEIC Listening & Readingの点数のことを指し満点は990点です。

ちなみに”TOEIC Speaking & Writing”という試験もあります。

 中小企業診断士

中小企業診断士とは中小企業の経営の課題を解決に導くアドバイスをする専門家で国家資格の一つです。

中小企業と金融・行政機関とのパイプ役でもありますので、中小企業診断士の資格があると経営コンサルタントとしても活躍できます。

 FP(ファイナンシャルプランナー)

あらゆるデータを使って個人の資金計画を立てたりアドバイスをする人のことをファイナンシャルプランナーと呼びます。

ファイナンシャルプランナーの資格があると金融系の営業職や不動産系の営業職などで重宝されます。

 宅地建物取引士

宅地建物取引士は不動産契約の際に必要になる資格なので不動産業で役立つ資格です。

営業職では資格がなくても働くことは可能ですが、資格手当がある企業が多いので、月収をアップさせたいのであれば宅地建物取引士の資格は持っていたほうが有利です。

 

2、事務職・管理部門職

企業の事務的な部分を支えるバックアップ的なポジションが事務職です。

事務の方がいるので社員は業務に集中できるなくてはならない職種ですが、人気があるため転職活動の際、事務職が未経験の方は比較的不利な立場になりがちです。

ですが事務職に関しての専門的な資格もありますので、これらの資格のうちいくつか取得していると未経験でもアピール材料になります。

日商簿記

資格に興味のある方は一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

税理士や会計士を目指している人にとっては有名な資格です。

日商簿記の資格があると、一般事務だけではなく経理や財務にも活かせます。

また、経理職を募集している企業にとっては実務経験がなくても簿記の資格があると転職でも有利になることが多いので、事務職の転職を希望している方は優先して取得しておくのがいいです。

医療事務

医療事務は治療費を国や患者に請求する業務が主な内容となりますが、医療事務の仕事自体は資格がなくても働くことができます。

資格がなくても応募可という病院もありますが競争率が高いので、無資格で応募しても採用に至らない事がありますが、医療事務の資格があればかなり有利になります。

独学で取得することも可能ですので、事務職に就きたい方にはおすすめの資格です。

秘書検定

会社の経営者や役員の秘書としての知識やスキルを身に着けるための資格です。

一般常識やビジナスマナーを中心とした問題が多く、秘書検定の資格を持っているだけで木ビジネスマナーは身についているという事になりますので、幅広い職種の転職で有利になります。

社会保険労務士

社会保険制度に関する知識を熟知しているかを問われる資格が社会保険労務士です。

社会保険の加入手続き、労働保険料の計算や就業規則の作成など、会社と労働者が院進して働けるようサポートするのが社会保険労務士です。

社会保険労務士の資格と経験があると、社会保険事務所への転職が有利になります。

メンタルヘルス・マネジメント

労働者の過労死問題などの対策として企業は労働者に対してストレスチェックの実施が義務付けられているのはご存知でしたか?

メンタルヘルス・マネジメントの資格は職場内でのメンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を習得して、従業員がよりよく働ける環境づくりをサポートする事ができます。

貿易実務

貿易事務は国ごとに違う法律や関税の仕組みの知識が問われます。

貿易事務の資格は貿易に必要になる知識・スキルがあると証明できますので、大手の貿易会社への転職が有利になります。

専門性の高い事務職に転職を考えている方におすすめの資格です。

 

3、エンジニア職

エンジニア職は資格の有無が月給に直結する事が多く、資格があると資格手当として月収に上乗せされる事がありますので、入社後に資格を取得する人も多いです。

基本情報技術者

IT業界で活かせる資格です。基本的な情報処理に関する思考法や基本的なIT知識が習得できますので、登竜門的な資格ともいえるでしょう。

IT業界に入社したらまずは基本情報技術者の資格取得を進められるといっても過言ではありません。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

業務に必要不可欠なマイクロソフトのExcel、Word、PowerPoint、Outlookを使う上での基本知識を問われるのがマイクロソフトオフィススペシャリスト(通称MOS)という資格です。

MOSがあるとパソコンの操作は問題がないという証明にもなります。

エンジニアだけではなく他の業種・職種でも活かせる資格になりますのでおすすめの資格の一つです。

情報処理安全確保支援士

情報管理の甘さが企業の命取りになってしまう事がある現在、サイバーセキュリティのスペシャリストの証になるのが情報処理安全確保支援士の資格です。

近年急激にニーズが拡大している分野であり、約8万人もの人材不足といわれているブルーオーシャンな分野です。

サイバーセキュリティはこれからの情報社会に必要不可欠なので今注目の資格で、情報処理安全確保支援士があるとIT業界に限らず多くの企業で有利になるでしょう。

 

4、技術職

技術職は資格の有無が仕事の幅を広めるといっても過言ではありません。

それだけ技術職には多くの資格があり、中には実務経験が必要な資格もあります。

危険物取扱者

危険物取扱者の資格には3種類あり、甲種(こうしゅ)乙種(おつしゅ)丙種(へいしゅ)があります。

それぞれの資格で扱えるものが違いますが、危険物取扱者の資格があるとガソリンスタンドやタンクローリーの運転手、石油メーカーなどの転職で有利になります。

施工管理技術者

建設工事では施工管理が重要になります。
建築物の安全・品質の管理を担う施工管理ですが、無資格でもできるのですが資格があると年収アップにつながります。

また、施工管理技術者にはいくつか種類があり、建築施工管理、土木施工管理、電気工事施工管理などがあります。

建築士

建物を立てるには設計図が必要になり、この設計図を作成する事ができるのは設計士の資格を持っている人です。

建築士には1級建築士、2級建築士がありますが、建物の大きさによって必要な資格が変わります。

とはいえ建築士の資格があればすぐに設計ができるというわけではありません。

多くの場合は建築事務所である程度の下積みが必要になりますが、将来建築事務所を開業するのであれば必ず通る道であり、建築士の資格は必須になります。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは部屋のインテリアを提案するだけではなく間取りなどもアドバイスします。

また無資格でもインテリアコーディネータの業務は可能ですが、資格があると無いとでは大きくかわってきます。

またインテリアコーディネータは建築業界でも人気のため、資格があると有利に働くことは間違いなです。

 

転職活動で資格があると有利なのは事実

優位に立つ

いずれにしろ転職の際に資格があると有利になるのは間違いありません。

特に転職を希望している業種・職種で役立つ資格を持っているとさらに有利になります。

同じ業種・職種へ転職を考えている方は現職でも使えますので、必要な資格を取得してから転職活動をしてもいいでしょう。

また未経験の業種、職種への転職を目指す方も働きながら将来を見据えた資格を取得するのが今後の転職活動を有利にするための大きなポイントといえます。

将来を見据えた転職活動をするのであれば、現職で働きながら資格をとって転職活動を少しでも有利に運べる準備をするのがいいでしょう。

仕事探しが”大仕事”になっていませんか?

「そろそろ転職しようかな…」
「いつかは転職したい…」

 

そう思っていても、今の仕事が忙しくて休日はクタクタ…。

 

「転職したくても疲れきっていて気力がない…」という人はいませんか?

 

「転職活動が大仕事」という人はぜひ”転職エージェント”を上手に活用しましょう。

転職エージェントはあなたが”天職”に就くためのマッチングのプロです。

 

どんなに疲れていてもエージェントはあなたにあった仕事を見つけてくれますので、転職活動が大仕事になっている人は転職エージェントを活用して転職を成功させましょう。

 

転職エージェントを初めて利用する人はなにかと不安も多いかもしれませんが、ぜひ当サイトの記事を参考に転職を成功させてください。

 

当サイトでおすすめしている転職エージェントも下の記事で紹介しています。
こちらは多くの求職者に人気の大手の転職エージェントですので、初めて転職する方向けとなっています。

握手
はじめて転職する方におすすめ【人気・定番の転職エージェント3選】転職サイトに比べ転職エージェントはより転職が現実的になった時に登録するのがおすすめです。 転職エージェントは担当が付きますので担当...