転職の悩み・疑問

転職活動で半年以上ブランクがある場合の対処方法

ひきこもり

転職で半年以上のブランクでも理由があれば本当に不利にならないのか

転職活動を行っている方の中で既に退職して転職活動を行っている方もいると思いますが、離職期間が数か月間続いている場合、その離職中のブランクが時には足をひっぱる事もあります。

あまりにも離職期間が長いと企業側としても離職中にどうやって過ごしていたのか気になる事があります。
正直私も面接をする際、離職期間が長いとどうしても気になってしまいます。

では、この離職期間が長い場合、どのように説明すれば面接官は納得してくれるのでしょうか。
今回は【ブランク期間が半年以上ある場合の不利になる理由とならない理由】について説明します。

企業が納得できる離職中の過ごし方をしていれば問題ありません。
今からでも遅くはないので、離職期間が長くなっている方はこの記事を参考にして行動して頂ければ頂ければ幸いです。

転職のブランク期間はどれくらいまでなら大丈夫か?

転職活動を行なっていると、就職先がなかなか決まらずにブランク期間が空くことがあります。
2~3ヶ月程度であれば、就職活動期間として一般的には問題無いと捉えられます。
けれども半年以上あいてしまうと、「その間どのようにすごしていたのか?」と面接官は気になるので注意が必要です。

一般的にブランクが2〜3ヶ月くらいであれば許容範囲ですが、半年以上あいてしまうとほぼ間違いなく面接でブランク期間は何をしていたか聞かれるでしょう。

ブランク期間何をしていたか質問された場合、重要になるのが「ブランク期間の過ごし方」です。

転職で不利になるブランク期間の過ごし方

転職で不利になるブランク期間の過ごし方はやはり「何もしていなかった」「遊びまくっていた」です。

これはブランク期間の長短にかかわらず不利になりますので間違ってもこのように回答しないようにしましょう。

他にも「旅に出ていた」という理由も微妙です。
もし面接で旅に出ていた事を答えるのであれば、旅に出た理由と、旅行を通じて何を学んだかは最低限説明できるようにしておきましょう。

転職で不利にならないブランク期間の過ごし方

転職活動において、面接を受ける時点で半年以上のブランク期間があるならそれなりの説明が必要になります。

面接官が納得する理由として”何かしらの勉強期間”として活用していたことを挙げることが考えられます。
これまでの業務を振り返り、自分に足りないスキルを洗い出してフォローするためにスクールなどに通っていた旨を説明すると印象がよくなります。

つまり「ブランク期間を有意義に使っていた」ということをアピールできれば良いでしょう。

さらに具体的にどんなスキル磨きを行なっていたのか、それによって会社にどんな利益を貢献することが可能となるのかを伝えることが大事です。

これらの説明がしっかり出来るとスキルを高める意欲を持っていることをアピールすることにもつながります。

 

他にも「病気やケガ」「育児」「親の介護」という理由もあると思います。
ブランク期間の理由としてはよくあるのですが、転職で不利にならないようにするにはやはり自分のスキルアップの勉強(活動)をしていたかがポイントになります。

例えば「育児をしながら資格取得の勉強をしていた」と答えられればブランク期間が半年以上あったとしても不利にはならないでしょう。

転職でブランク期間が長くなる人のケース

ブランクが空いてしまう理由は人それぞれ異なりますが大きく3つに分けられます。

  • 「真剣に探しているのになかなか決まらない」ケース
  • 理想を高く設定しすぎて「希望条件に合う会社が無い」ケース
  • 求職活動をしないで「ただ休んでいる」というケース

何もせずにただ毎日を過ごしている人は労働意欲が問われてしまうのでもちろん問題になりますが、他にも企業側から心配されるのは「真剣に探しているのに決まらない人」です。

「真剣に探しているのに決まらない人」が問題な理由

なぜ真剣に探しているのに決まらない人が問題なのか?
どんなに応募をしてもなかなか採用に結びつかない人もいます。

一生懸命転職活動しているにもかかわらず、半年以上のブランクがあいてしまった場合、企業側としては「その人に何かしらの問題があるのではないか?」と考えてしまうわけです。

社会人経験がある程度ある人の場合、履歴書や職務経歴書でこれまでの経歴を確認します。

勤務年数が長いのにも関わらず特筆すべき点がない場合、採用側としても「入社したら本当に会社に貢献できるのか?」という点が心配になってきます。

働く気持ちがあってもなかなか採用につながらない場合、まずはあなたの職務経歴書を見直しましょう。

 

職務経歴書を見直す場合、はじめに行うのは”経歴の棚卸し”です。

あなたが前職で培ったスキルはなんなのか?希望する転職先にどういった形で活かせるかを客観的に考えてみましょう。

その次に”職務経歴書のフォーマットの見直し”です。
職務経歴書にはいくつかフォーマットがあります。

職務経歴書3つのフォーマット

1、編年体(職務経歴を時系列で記述)
2、逆編年体(職務経歴を直近のものから記述)
3、キャリア式(プロジェクト別に記述)

以上の3種類が職務経歴書の基本フォーマットです。
これらは転職先やあなたのアピールポイントによって使い分けられます。

もしあなたが1人で転職活動をしていてなかなか書類選考が通らない、経歴の棚卸しや職務経歴書の書き方に不安があるのであれば、転職エージェントのアドバイスをもらう事をおすすめします。

理想が高すぎて「希望に合う会社が見つからない」

条件に合う会社が見つからなくて転職活動の期間が長引いてしまっている人は、自身のこれまでの経歴を見直しつつ、あなたが転職先に求める”譲れない条件”を絞りましょう。

「年間休日は120日以上で、残業・ノルマがなくて給料が高い会社」
という希望の場合、あなたが譲れない条件を1〜2つに絞ることで幅が広がります。

まずはあなたの希望の条件をリストアップしてください。
その中で優先順位をつけて、譲れる条件と譲れない条件にわけて、譲れない条件に合う企業がないか探すようにしましょう。

まとめ

仕事を辞めて転職活動をする場合、長期間仕事が見つからない場合が考えられます。
仕事を辞めた後、単にだらだらと過ごしてしまうのは問題外ですが、一所懸命頑張っても転職先が見つからない場合も問題です。

もし半年以上転職活動をしていても採用されない場合に考えられる原因の一つとして、あなたの履歴書や職務経歴書に魅力がない可能性があります。

この場合は職務経歴書の見直しと経歴の棚卸しをじっくり行って魅力的な職務経歴書になるようにしましょう。
経歴の棚卸しをする事で今まで見えなかったあなたの魅力が見つかるかもしれませんし、職務経歴書のフォーマットが希望先の企業とあっていない場合もあります。

これらの見直しをしたにもかかわらず採用が決まらない場合は転職エージェントに相談するというのも一つの方法です。

転職エージェントはあなたのこれまでの経歴からアピールポイントを見つけてくれて転職活動の武器に変えてくれる頼もしい存在です。

「これ以上ブランク期間をあけたくない!」と思っている方は、転職エージェントの利用をおすすめです。

初めて転職する人にはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは

・転職成功実績No. 1
・15万件以上の圧倒的な求人数
・豊富な専任のキャリアアドバイザーが転職をしっかりサポート

という強みがあります。

初めての転職で行き詰まっている方やブランク期間で悩んでいる方はリクルートエージェントに相談すると転職期間の短縮や希望の職種に出会えるかもしれません。

ブランク期間が長くて不安な方はエージェントに相談して理想の転職を実現させてください。

 

転職成功実績No. 1【リクルートエージェント】のお申し込みはこちら>>

仕事探しが”大仕事”になっていませんか?

「そろそろ転職しようかな…」
「いつかは転職したい…」

 

そう思っていても、今の仕事が忙しくて休日はクタクタ…。

 

「転職したくても疲れきっていて気力がない…」という人はいませんか?

 

「転職活動が大仕事」という人はぜひ”転職エージェント”を上手に活用しましょう。

転職エージェントはあなたが”天職”に就くためのマッチングのプロです。

 

どんなに疲れていてもエージェントはあなたにあった仕事を見つけてくれますので、転職活動が大仕事になっている人は転職エージェントを活用して転職を成功させましょう。

 

転職エージェントを初めて利用する人はなにかと不安も多いかもしれませんが、ぜひ当サイトの記事を参考に転職を成功させてください。

 

当サイトでおすすめしている転職エージェントも下の記事で紹介しています。
こちらは多くの求職者に人気の大手の転職エージェントですので、初めて転職する方向けとなっています。

握手
はじめて転職する方におすすめ【人気・定番の転職エージェント3選】転職サイトに比べ転職エージェントはより転職が現実的になった時に登録するのがおすすめです。 転職エージェントは担当が付きますので担当...