転職活動の基本

アパレル業界へ転職する前に知っておきたい現実と転職への最短ルート

アパレルショップ

ファッションに関わる仕事は若い方に人気の仕事のひとつです。

元々オシャレが好きな方が多く、アパレル業界で働いている方は”好きな事”を仕事にできてとても羨ましく思っている方も多いのではないでしょうか。

『アパレルショップで働きたい』
『好きな事を仕事にしたい』

と感じている方は転職前に今回の記事をぜひご覧ください。

 

華やかに見えるショップ店員でも裏側には苦労が絶えない仕事だったりします。

 

アパレルショップ店員は若い人に人気

10代や20代の若い方はオシャレな方が多く、いろんなファッションを目にします。
好みによってファッションの傾向は変わってきますが基本的に女性はオシャレですよね。

もちろん男性もオシャレが好きな人は多いです。
そんなオシャレ好きの方の憧れの職業はなんといっても”ショップ店員”で、将来ショップ店員になりたいという人も多いようです。

確かにアパレルショップの店員さんはオシャレな人ばかりといったイメージがありますので、オシャレ好きな方には魅力的に見える仕事でしょう。

ですが華やかに見えるショップ店員でも、裏側では苦労が絶えません。
華やかに見えるアパレルショップの多くが抱える現実を少しだけ紹介します。

 

アパレルショップ店員の苦労

華やかに見えるショップ店員ですが、笑顔の裏に見えない苦労もあります。
一般的なアパレルショップの苦労について紹介しましょう。

働いているブランドの服しか着れない

アパレルショップで働く店員さんはいつもオシャレで新しいモデルの服を着ているといった印象を受けると思います。

ですがよく見てください。
ショップ店員が着ている服はその店のブランドばかりという場合がほとんどです。

当たり前と言えばあたり前なのですが”ショップ店員は動くマネキン(トルソー)”です。

自分の働いているブランドの服を着るのは当たり前。
ですので、コーディネートは全て働いている店のブランドで固めなければいけません。

例えばユニクロは自社の服が制服です。
ですので勤務中はユニクロの服しか着る事ができないのです。

ユニクロはファストファッションの代表格。
衣類はリーズナブルで、しかも社員割引があるので安く購入できると思いがちですが、新作がどんどん発売されます。
つまり”毎年季節ごとに新作を購入しなければならない”という事になりますので、いくら社員割引で安く購入できたとしても、給料は基本的に高くはないので、衣類にかける負担は一般の人に比べかなり高くなります。

 

では、これが他のブランドになるとどうでしょう。
男性でいえば、若い人に人気のアウトドアブランド”THE NORTH FACE”や”BEAMS”の場合、Tシャツ1枚数千円します。ノースのゴアテックスパーカーなんか数万円します。

ショップ店員はそのブランドの商品を着るのが基本なので、ブランドによっては転職した際の初期投資がかなりかかってしまう事にもなりかねません。

 

頻繁に服を購入しなければならない

これも多くのショップであるのですが、毎年季節ごとに新作が出ます。

前述しましたが、ショップ店員は動くマネキンです。
新作が出ると店頭にディスプレイすると思いますが、ショップ店員も新作を交えてコーディネートする必要があります。

なぜなら客にコーディネートの仕方を教える為に一番わかりやすいからです。
実際に店員が新作を着て説明すればより購入の可能性が高くなります。

だからショップ店員は新作が出るたびに衣類を購入しなければいけないのです。

店(ブランド名はここでは控えさせていただきます。)によっては【給料の数パーセントを購入にあてなければいけない】といったルールもあります。

また、スタッフごとにノルマがある店も存在します。

ショップに入ると店員がついて声を掛けてくると思いますが、最初に付いたスタッフが会計まで済ませることがあります。

会計前に名札のバーコードを当ててから操作する事があると思いますが、これは”誰が何を販売したか。いくら売り上げに貢献したか”を明確にする為。
つまり”ノルマ”です。

ノルマを達成できればいいのですが、達成できなければ不足分を”自腹で購入”という店舗もあります。

実際にある話ですが、某男性人気ブランドの店員さんは、店の商品を自腹で購入しなければいけないルールがある為、購入後、未使用のタグ付きのまま古着屋に売りに出しているという方もいます。

そうしないとまともに生活ができないそうです。

 

ショップ店員に転職する時あったら便利な資格

ショップ店員へ転職する際、必ず必要とされる資格は特にありません。
ですが転職を有利に進めるには資格があった方が転職成功の可能性は高くなります。

アパレルショップ店員へ転職する際にあったら便利な資格は次の2つです。

販売士検定(リテールマーケティング検定)

アパレル業界に限らず、小売業界全体に通用する資格です。

販売士検定は3級から1級まであり、3級、2級は合格率が50%台と比較的独学で取得できる資格です。

販売士3級は小売、接客に関する基本的な部分の知識があれば合格できるようになっています。
2級も3級の基本から少し専門的な知識があれば合格はかのうです。
ただし1級は非常に難易度が高く、合格率が20%台なので独学で取得するのは困難ですが、将来的にマネージメントを視野に入れるのであれば販売士1級は必須ともいえます。

ファッション販売能力検定試験

これは日本ファッション協会振興協会が行っている検定試験で、販売士検定よりもファッションという分野に絞った資格になります。

販売士同様、3級から1級まであり、ファッション商品知識や販売業務。マーケティング知識、店舗演出などが出題範囲となります。

1級は更に経営、係数知識、マーチャンダイジング、顧客管理など専門的な知識を必要とします。

 

未経験者がアパレル業界へ転職する最短ルート

いかがでしょう。

一見華やかなアパレルショップ店員ですが、その裏側にはノルマや着たい服に制限があったりと実は結構苦労の多い職業でもあります。

それでもアパレル業界へ転職を目指すのであれば転職サイトへの登録は必須です。

『資格取るのが先なのでは?』と思うかもしれませんが、アパレルショップ店員の資格は特にいらないので、紹介した資格は転職後でも十分に取得できます。

一般の転職サイトではアパレルショップの求人が少ないので、アパレル業界専門の転職サイトへの登録をまずはおすすめします。
特におすすめなのが【ファショーネ】というアパレル業界専門の転職サイトです。

ファッショーネは

  • 地域ごとに専任のコンサルタントがいるので地域密着型の提案が可能。
  • アパレル業界に豊富な職種と求人があり、独占求人も多数。
  • 販売職以外にも専門職の転職支援もあり。
  • アパレル業界へ転職希望の方に最後までしっかりバックアップしてくれる。

といった特徴があり、アパレルショップに限らずアパレル業界への転職もしっかりサポートしてくれます。

アパレル業界に詳しいスタッフがしっかりサポートしてくれますので、アパレル業界未経験の方でも安心してお願いできる転職支援サービスです。

『本気でアパレル業界で成功したい』
と思っている方にとって転職支援サービス【ファッショーネ】はあなたを転職成功に導いてくれるでしょう。

人気のアパレル・ファッション業界へ最短で転職するなら【ファッショーネ】は必須!公式ホームページはこちら⇒

【転職活動を始める時に登録する転職サイトは3つでOK!】

「そろそろ転職活動を始めようかな?」
「いつかは転職したい」

といったように”転職時期が未定”の場合はまだ転職エージェントは必要ありません。

まずは下の記事のおすすめ転職サイトに登録して自分のタイミングで求人を検索しておけばいつでも本格的に転職活動がスタートできます。

100%成功
あなたの転職を成功に導くおすすめの転職サイト求人を探すには転職サイトがおすすめ 転職活動を始めるときに役立つのが”転職サイト”です。 今では転職活動に必須ともいえる存在とな...