転職成功の鍵は基本給と月給の違いを理解すること。入社後に後悔しないための給与の基本

月給と基本給の違い?

募集要項の給与欄に「基本給」と「月給」で表記されている場合があります。

この基本給と月給にはどのような違いがあるのでしょうか。

基本給と月給には違いがありますので理解しておきましょう。

基本給と月給はどう違う?

基本給と月給は同じように感じますが若干意味合いが違いますので、違いをきちんと理解しておきましょう。

基本給とは?

基本給とは役職手当や通勤手当、残業手当、インセンティブなど”業績に応じて支給されるような給与を含まない基本賃金”になります。

基本給は年齢や勤続年数、スキルや職種を基準に決められるのが一般的で、会社によってその基準は異なります。

このように基本給の違いがある場合、会社独自の”基本給表”があります。

ちなみに日給や年俸などの給与形態でも、基本になる賃金は”基本給”と呼ばれます。

月給とは?

基本給に比べ月給は”月単位で金額が決められて月単位で支給される賃金”になります。

【基本給=月給】という場合もありますが、基本的に役職手当や家族手当といった金額が固定されている賃金を加えたものが月給となります。

残業手当やインセンティブは業績などによって変動する賃金、通勤手当は月給には含まれません。

 

求人欄の月給と基本給 どちらを気にするべき?

基本給と月給の違いについては理解できましたでしょうか?

違いがわかったところで次は【失敗しない転職に必要なのは基本給と月給どちらを気にすればいいのか】という部分についてご説明しましょう。

ズバリ”基本給”をしっかり確認しよう!基本給が低いことで起こりうるデメリット

基本給と月給どちらを気にするのがベストかというとズバリ基本給です。

なぜなら”基本給は他の手当の算出基準になる”からです。

基本給が算出の基準になるのは次の2つが一番大きいでしょう。

 

1、ボーナスが少なくなる!

ボーナスがある会社は基本的に【基本給の○ヶ月分】というのがボーナスの計算方法になります。

ですので基本給が低いと必然的にボーナスも少なくなってしまいます。

例えばボーナスの算定方法がどちらも”基本給の3ヶ月分”の場合

基本給15万円のAさんのボーナスは45万円。
一方基本給20万円のBさんのボーナスは60万円になります。

 

このように基本給が低いとボーナスの額も低くなる場合が多いので注意が必要です。

2、残業代が少なくなる!

このページをご覧の方の中には

「ウチの会社は残業代が出るからいい会社」

という方がいるかもしれませんが、その残業代すらも損をしている可能性があります。

労働基準法では”週40時間、1日8時間”を超えた法定時間外労働をした場合、労働者に対して25%の割増賃金を支払わなければなりません。

これが残業代ですが、この計算方法は月給から諸手当を引いた”基本給”がベースになります。

つまり、同じ時間残業をしたとしても、基本給が低いと支払われる残業代が少なくなるということになります。

基本給で会社の姿勢が見えてくる

基本給と月給の違いは理解できましたか?

基本給が低いと私たちにとってデメリットが多いというのが見えてきたと思います。

基本給と月給の違いを押さえておくと求人内容を見る目線が変わってくると思います。

転職サイトにはたくさんの求人があり、いろんな言葉で会社のイメージをよくしようとしていますが、実際は基本給の部分を見ると会社が従業員をどのように扱っているのかが見えてきます。

他の手当が充実していても基本給が極端に低い場合、必ずしもいい会社とは言えません。

基本給を低く設定している会社のトップはあなたに

「残業代はできるだけ少なくして働かせたい」
「ボーナスもできるだけ抑えて働かせたい」

と考えているかもしれません。

 

経営者の目線で考えると基本給が低いことはメリットになりますので、そのことを知ってて意図的に基本給を低くしている可能性もあります。

会社経営は「いかにコストをおさえるか」という手腕も必要になりますが、まっさきに従業員のコストをおさえる経営者は”人財”ではなく単なる”人材”として見ているかもしれません。

 

あなたの基本給は大丈夫ですか?

あなたの会社は大丈夫ですか?

 

年収アップを条件に転職活動中の方、これから転職を考えている方は給与面の部分を見るなら基本給に注目することがいいでしょう。

【登録必須】転職サイトであなたの悩み・不安は解決できる

転職活動をしているといろんな悩みや疑問が出てきます。
ネットで検索するのもいいですが効率が悪い事も・・・。

そんな時おすすめの転職サイトに登録しておくと簡単に解決できます。
簡単登録で悩みを速攻解決できる転職サイトのおすすめはこちらです。

リクナビNEXT
グッドポイント リクナビNEXTは求人数トップクラスが最大の魅力。他にも無料登録するだけで、企業側からオファーが届く事もあります。
履歴書の添削やアドバイスも受けることができますし、転職活動の悩みや疑問も解決してくれるQ&Aもあるので初めて転職する方は必ず登録することをおすすめします。
リクナビNEXTの無料登録はこちら
リクルートエージェント
リクルートエージェント リクルートエージェントは【業界最大級の非公開求人数】【実績豊富なアドバイザー】【充実した転職サポート】を駆使しあなたの希望する企業への転職をエージェントが徹底サポートしてくれます。
「すぐにでも転職したい」という方におすすめのサービス。リクルートエージェントの無料登録はこちら

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

辞表を出す

転職の前に知っておきたい退職の意思の伝え方とタイミング

はてな

転職の求人募集によくある”第2新卒”とは?

いいねする上司

履歴書の志望動機をサクサク書くためのコツ

後悔する赤ちゃん

失敗するとボーナスが貰えない!?転職先のボーナスはいつから貰えるのかを知っておこ...

プレゼン

【転職者向け】面接時の自己PRの5ポイントについて

スマホ

転職先の会社から面接の結果が来ない!催促するのはアリ?