管理人プロフィール

はじめまして。
管理人のナオです。

私は現在とある会社の人事を担当しています。

年齢は43歳で子供も2人います。

私はこれまで5回の転職を経験してきました。
今は人事部を任されており、直属の部下も数名おりますが、我ながら実にユニークな経歴を持っていると自負していますので、簡単にご紹介します。

とりあえず大学卒業してもすぐに就職しなかった(笑)
22歳で大学を卒業したのですが、何を思ったか東京で5年間役者の卵として下積みしていましたが、そんなに甘い世界ではなく挫折。
当時付き合っていた彼女を東京に残し地元に戻る事に。
華の東京生活の終わりと同時に遠距離恋愛の始まりでもあります。

1年間フリーターとして過ごす(;゚Д゚)
地元に戻ってはみたもののやりたい仕事もなく、自分探しの意味も含めていろんなバイトをしていました。
飲食店やコンビニ、倉庫作業や簡単な事務仕事・・・。
いろいろやりましたがやりがいなんて見つからないまま1年が過ぎていきました。

親戚の焼肉店で働くも超ブラック!3か月で逃走(+_+)
20代後半でフリーターの自分を見かねて、親戚の叔父が経営する焼肉店で働く事になります。
アルバイトではなく社員として。
だがしかし、1日14時間勤務。休み無し(休日はあっても大体働かされる)で給料は月12万(総支給額)!
そこからなんやかんや控除があり、家賃、光熱費、食費だけで毎月ギリギリの生活・・・。
『働いても貯蓄ができない』『休み無しは本当に死んでしまう』と思い3か月で辞めました。
とはいえ待遇面に難ありでしたが、ここで初めて接客の楽しさに目覚めたのです。

パチンコ店に就職決定。
地元で面接した某最大手のパチンコチェーン店に就職が決まります。
接客業は自分に合っているらしく、初めて仕事にやりがいを感じることができました。
途中、腰痛やうつ病と戦いながら7年間お世話になりました。
その甲斐あってか、マネージャーとして店舗運営の補佐やアルバイト・新入社員の育成や面接なども経験する事ができました。
そして一流企業だけあって、教育や研修も本格的だったので、ここで数字や人材教育のノウハウを学ぶ事ができたのです。

そして見事結婚もできたのですが、異動してきた上司と思いっきりそりが合わず犬猿の仲に。
最終的には頭にきて辞めてしまいました。
年収600万だったのにもったいないとちょっと後悔www

違う自分を見つけるために事務員に転職
パチンコ店を退職してからも接客業で働きたいと思ったのですが、腰痛が完治していないので長時間の立ち仕事は結構負担がかかるので、ここは新しい分野を開拓しようと事務職に就きました。

毎日PCと数字に翻弄される毎日。基本的に一人で作業するので社内の人達の関係は希薄。
黙々と作業する毎日に耐えられず、腰痛の完治を目的に2年間勤務しました。

接客業へ復帰!今度はベンチャー企業の店長
事務職の仕事をしつつ腰痛の治療に専念しつつ。実は転職活動もしていたのです。
そこで目に入ってきたのが”ベンチャー企業の店長募集”なんでも設立3年の若い会社。
”アットホームな社風””頑張れば必ず結果がついてきます”の言葉に誘われて面接。そして採用ゲット!
オープン間もない小売店の店長として働きました。
地道な営業や販促活動の甲斐もあって、年々売り上げは伸びてきて地元のTVでも紹介されるようになり、店長業務以外にも携わるようになり、日々充実した毎日を過ごしていたのですが、徐々に店からは遠ざかっていく事になったのです。
そして5年目を迎えた時にふと我に返りました。
『あれ?俺の給料変わってなくね?』
”頑張れば結果がついてくる”の結果とは”業務の幅が増える”ことだったのです。

某企業の人事として5回目の再スタート
これまで異色の転職を繰り返してきた自分が最後(?)に選んだ仕事は、小さなパチンコ店の人事部の仕事です。
これまでの接客のノウハウや人材教育の知識を買われ、町のパチンコ屋さんの接客マナーの向上の為採用されました。
某大手の接客マナーや教育を活用して新しいマニュアルを構築したり、気分転換にお店に立って店員として働いてみたり(笑)
アットホームなパチンコ屋さんなので毎日楽しく仕事しています。

というのが私の経歴です。
これだけバラエティーに富んだ転職もなかなか無いのではないでしょうか(笑)

当サイトに来てくださったという事は、少なからず”転職”を考えている方だと思います。
私が言うのも何ですが、転職はその瞬間の勢いだけで決めてしまってはいけません。

転職を考える理由はさまざまあると思いますが、決して焦らないでください。

焦って転職先も決まっていないのに先走ってしまうと本当につらい思いをします。

私も転職を繰り返している間にいろんな事がありました。
激しい後悔や失敗も経験してきました。

夫婦の危機も経験しています。
その危機は自分が招いた事です。

転職するなとは言いませんが焦らないでください。

当サイトは私のこれまでの経験を中心に”後悔しない転職”のコツを
自分の過去の転職経験と現在の人事担当の視点で”本音”でできるだけユニークに紹介しますので、
あなたの転職の成功のお役に立てると幸いです。

ぜひ時間がある時に当サイトをご覧になって、あなたのこれからの転職について考えてみてください。