スキルが身につかない”ゆるブラック企業”はあなたの人生を終わらせる

ゆるブラック企業の日常

あなたは「ゆるブラック企業」という言葉を耳にした事がありますか?

ブラック企業については皆さんよくご存知かと思いますが、ゆるブラック企業についてはあまり知られていません。

ゆるブラック企業とは完全なブラック企業でもホワイト企業でもありませんが、ゆるブラック企業の恐ろしい点は

「スキルが身につかない」
「給料が上がらない」

という点です。

ブラック企業よりソフトな印象を受けると思いますが、実は私も前職はゆるブラック企業で働いていたのだと気づき転職をしました。

今回はそんな「ゆるブラック企業」についてのお話です。
(※「ゆるブラック企業」は以前「パープル企業」とも呼ばれていました。)

私の実体験もご紹介しますので、あなたの今の会社と比べながら読み進めてください。

ゆるブラック企業はなんとなくいい会社

ブラック企業と対照的に、ゆるブラック企業は基本的に厳しいノルマや締め切りなどといったものはないので、ある程度自分のペースで仕事ができて周囲からのプレッシャーもあまりありません。

natuyasumi-12gatu

肉体的・精神的に追い詰められる事もほとんどなく、働く側としてはとても恵まれた環境と錯覚してしまいがちになります。

私の勤めていた企業は売り上げ目標は設定されていましたが、目標を達成できなくても叱責を受けたりすることもなかったので、店長として働いていましたが精神的に追い詰められることは少なかった気がします。

ゆるブラック企業の実状

ゆるブラック企業で働いていると、その居心地の良さに最初の頃は「辞めたい」「転職したい」と思う事があまりありません。

ですがゆるブラック企業に長くいると取り返しがつかなくなる可能性があります。

ゆるブラック企業かどうかの判断材料として”ゆるブラック企業のよくある特徴”について説明していきます。

1、残業は無いか残業しても苦ではない。

一般的な企業は残業がつきものですが、ゆるブラック企業は基本的に残業はあまりありません。

仮に残業が発生したとしてもゆるブラック企業は残業もダラダラとマイペースでできますので苦痛には感じないことが多い場合があります。

2、給料が上がらない。

一般的な企業の昇給は昇給基準をクリアするか、勤続年数に応じて基本給が上がるといった形で明確化されていますが、ゆるブラック企業は昇給の基準があいまいなことが多く、何が基準で給与が上がるのかが不明瞭な為、いつまでたっても給料がアップしないという事があります。

悲しむ諭吉

またボーナスに関しても同じくあいまいだったり、そもそもボーナス自体がない企業もあります。
(ボーナスがないのは労基違反ではありません)

あなたの会社の先輩たちは勤続年数は長いのに入社時とほとんど給料が変わっていないということはありませんか?

もし心当たりがあるのであれば、あなたも同じようになる可能性は大きいといえます。

3、キャリアパスが無い

キャリアパスとは?
組織にとって必要な人材に、必要なためのスキル、経験値を与えるために戦略的に用いられる人事システムの事をキャリアパスといいます。
引用:https://employment.en-japan.com

勤続年数が長くなるとスキルも身について、若手よりも広くたくさんの仕事をこなすことができるようになり、後輩の指導や育成といった機会があると思います。

キャリアパス

ある一定のスキルを身につけると、それに伴い給料が上がるといったこともありますが、ゆるブラック企業の場合はこのようなキャリアアップの場がない会社が多く、現状の給与のままで多くの業務や責任のある業務を任されることがあります。

また、ある日突然思いついたかのように役職がついて責任の大きなプロジェクトや業務を任されることもあります。

どちらにせよもちろん給与は上がりません。

管理人

管理人
以上のような項目に当てはまった会社で働いていた場合はゆるブラック企業の可能性がありますので注意が必要です。

私もゆるブラック企業から転職してしばらくの間は2時間の残業ですら苦痛に感じていた時期があります。

ゆるブラック企業で働き続けるデメリット

ゆるブラック企業で実際に働いていると居心地の良さに満足してしまいがちになります。

ただルーティンをこなしているだけの毎日を過ごしていると後で取り返しのつかない事にもなりかねません。

ゆるブラック企業で働き続けるデメリットを紹介します。

将来性がない

ゆるブラック企業の怖い部分の一つとして”いつまでたっても現状維持のまま”という状態が挙げられます。

キャリアパスがしっかりしている会社であれば、入社して5年もすれば多少の給料アップは見込めると思います。

ですがゆるブラック企業はキャリアパスがありませんので、5年、10年後の給料のアップの可能性はほとんど無いでしょう。

もしかすると”10年後も入社当時の給料のまま”かもしれません。

結婚を含めた将来設計を考えた時、入社当時の給料でパートナーを幸せにすることができますか?

自分の将来を考えた時、経済的安定が見込める会社でないと将来経済的に苦労します。

転職してもすぐに辞めてしまう可能性が高くなる

ゆるブラック企業に長い間浸かってしまうと転職後に苦労します。

なぜならそれまで散々ゆるい環境の中で働いてきたので、連日の残業や責任のある業務を任される、上司からの叱責を受けるといった事に耐性がありません。

例えば、毎日が戦場のような会社で働いている人がいきなり残業のない平和な企業に転職したとすると、そのあまりの落差に転職先がとても楽な仕事で恵まれた環境にあると感じてしまうでしょう。

ゆるブラック企業の環境に慣れてしまうと、厳しい環境に対して耐性がないので、他の企業で当たり前の残業や激務に耐えられず、すぐに辞めてしまう可能性があります。

そうなると、これまでのゆるい環境を求めて転職を繰り返し、いつの間にか取り返しのつかないところまでいってしまうということにもなりかねません。

【実話】私が実際に働いた  ゆるブラック企業

一例ですが、私が過去に働いていたゆるブラック企業について紹介します。
(具体的に説明してしまうとアレなのでここでは概要だけお話させていただきます笑)

これは実際に私が体験した実話です。

 

私が入社した会社は基幹がクリーニング業の子会社です。

その子会社は多様な事業所とそれらを統括する本部で構成されています。

事業所は激務

各事業所の店長は本当に連日ブラック企業並みでこんな扱いでした。

  • 毎日深夜までの残業(サービス残業)は当たり前。
    別の事業所の店長は繁忙期になると毎日6時間のサービス残業をしてました。
  • 繁忙期は休日出勤(代休無)
  • 経費は一部自腹(材料費など)

店長の給料は事業所によって異なりますが、私の場合は手取りで19万円くらい(これでも多い方に入ります)。

ちなみに月の平均労働時間は186時間位(残業は別)です。

本部がゆるい

私は某店舗の店長をさせていただきましたが、突然社長から本部の業務と店舗業務を兼任する事になりました。

店舗と本部は離れているので毎日の行き来がとても苦労したのを覚えています。

そんな本部にしばらく通い続けると、事業所と本部の温度感に気づく事になったのです。

私が大きく感じた違和感は次の3つです。

  • 出勤時間が結構適当
    本来、9時〜18時勤務なのですが、10時出勤する経理や突然在宅勤務するマネージャーがいたりします。
    社長曰く「新しい働き方」だそうです。
  • 1日2回のおやつタイム
    昼休みは基本12時〜13時ですが、午前中と午後にそれぞれ30分のおやつタイムありました。
    おやつはSNSにアップしたりと、なにかと賑やかでした。
  • 社長がいるときは19時まで勤務。不在時は17時まで勤務。
    一番適当に感じたのは、社長は月の半分くらいは出張しているのですが、社長が本部にいる日は19時まで誰も帰りません。業務が残っていない経理も残っていますが、パソコンにはフェイスブックの画面が・・・。
    逆に社長が不在の時は17時には片付けてさっさと帰ることができます。

日々業務に忙殺されている事業所とは違い、本部はゆるい感じで業務をしていました。

もちろん本部なので休日は暦通りです。

管理人

管理人
ちなみに本部にいたので経理やマネージャーの給料も知っています。
経理の人で手取りで25万円台。いきなり在宅勤務するマネージャーは28万円台でした。

業務を兼任する事になった私の給料は・・・もちろん変わりませんでした(笑)

結論:ゆるブラック企業は大事な人生を無駄にするだけ

私もゆるブラック企業に勤めていた時期があったとつくづく感じました。

前職に入社する際、社長からは「うちはベンチャーだから頑張りを評価する」と言いながら給与のベースアップのグラフを見せてもらったことがあります。

そのグラフは年間売上に対しての給与ベースがグラフになっていたのですが、それを鵜呑みにすると私の2年目の給料は基本給30万位のところだったのですが、全く給料がアップしません。

社長の言った”頑張り”の明示がないので、社員はラットレース状態に陥っていました。

 

「頑張ればきっと給料はアップする」

 

と信じて4年目が経過した頃、先輩店長から知らされたのが、

「俺は6年いるけどいまだに手取り16万円台だよ。給料なんか1円も上がってないよ

この言葉で私は目が覚めました。

「ヤバい!このままじゃ残りの人生無駄にする」

そう思い転職活動をはじめて現在に至ります。

 

このように、ゆるブラック企業は給料が上がる可能性は非常に低いのが現実です。

まとめ:心当たりがある方は早めの転職準備を

あなたがいる会社は大丈夫でしょうか?

ブラック企業はわかりやすいですが、ゆるブラック企業は働いていると気づかないことがあります。

特に新入社員は実状を知りませんので気が付くまで時間がかかることもあります。

私がいた前職がゆるブラック企業だと感じたのは

  • キャリアパスが無い
  • 給料が上がらない
  • 無駄な残業が多い

といった点です。

あなたの会社に当てはめてみてください。

特にキャリアパスがなかったり給料が上がらないのであれば、あなたがその会社に長く居続けるメリットは1つもありません。

ゆるブラック企業に長く居続けるとあなたにとってデメリットばかりです。

 

ゆるブラック企業はあなたの大切な人生を無駄に浪費してしまいますので今すぐに転職活動を始める事を強くおすすめします。

すぐに転職するつもりはないと思っている方も転職サイトに登録だけして空いた時間で眺めておくだけでも、いざという時すぐに行動に移すことができるでしょう。

 

登録最短5分!転職者の約8割が利用している大手転職サイト”リクナビNEXT”はこちら

 

【登録必須】転職サイトであなたの悩み・不安は解決できる

転職活動をしているといろんな悩みや疑問が出てきます。
ネットで検索するのもいいですが効率が悪い事も・・・。

そんな時おすすめの転職サイトに登録しておくと簡単に解決できます。
簡単登録で悩みを速攻解決できる転職サイトのおすすめはこちらです。

リクナビNEXT
グッドポイント リクナビNEXTは求人数トップクラスが最大の魅力。他にも無料登録するだけで、企業側からオファーが届く事もあります。
履歴書の添削やアドバイスも受けることができますし、転職活動の悩みや疑問も解決してくれるQ&Aもあるので初めて転職する方は必ず登録することをおすすめします。
リクナビNEXTの無料登録はこちら
リクルートエージェント
リクルートエージェント リクルートエージェントは【業界最大級の非公開求人数】【実績豊富なアドバイザー】【充実した転職サポート】を駆使しあなたの希望する企業への転職をエージェントが徹底サポートしてくれます。
「すぐにでも転職したい」という方におすすめのサービス。リクルートエージェントの無料登録はこちら

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

チャレンジ

それってベンチャー?ベンチャー企業と中小企業の違いとは?

ハローワーク

気をつけろ!転職活動でハローワークをおすすめしないワケ

日大弁明会見

日大悪質タックル事件から学ぶ学校の悪評で就活生が困らない唯一の方法

カレンダー

『休みが少ないから転職』する人は意外と多い!?

給料低くてワロタ

『給料低くて辞めたい』は転職理由として甘い?

辞めてやるゼ

『仕事がくだらない!』無計画で仕事を辞める事の恐怖