転職活動の基本

「前職に戻りたい…」転職後に後悔しないためのコツ

後悔する赤ちゃん

転職を考えている方は、『今の会社には未練がない』『早く新しい会社で働きたい』『出戻りなんてあり得ない』と考えていませんか?

ですが、いざ転職をして新しい職場で働き始めると『前の方がよかった・・・』と後悔する方もいます。

 

【こんなはずじゃなかった・・・】

と思った時に前の職場に戻る事はできるのでしょうか?

戻っても以前のように働けるのでしょうか?

今回は
【前の職場に戻る事はできるのか】
【出戻りした人の現実】

にフォーカスしてみたいと思います。

私は過去に転職で失敗した事があります。
あなたが今回初めての転職なら、転職後に後悔しないようにじっくり転職活動をして下さい。

 

前の会社に戻りたいと後悔しても出戻りは難しい

今の会社に不満があればなおさら、早く転職活動を成功させたいと思うでしょうが転職活動を始める前に、次の質問を自分に問いかけてみてください。

【新しい会社に行ったとして、あなたは絶対に満足できますか?】

【絶対に新しい会社の方が前職よりもいいと言い切れますか?】

あなたが前職で抱えていた問題が、新しい会社には絶対にないとは言い切れないのです。

実際に転職活動を成功させて新しい会社で働き始めた人の中にも、「前の会社のほうが良かった」「前の会社に戻りたい」「もう少ししっかり考えるべきだった」と後悔する人は実は少なくないのです。

 

仮に新しい会社に移ってから、前職の方が良かったと思ったとしましょう。

一度転職してしまえば簡単には前職に戻る事はできません。

それができる人は円満退社した方や本当にその会社に必要とされていた方だけでしょう。
あなたは会社に必要とされていましたか?本当に何の問題や不満もなく円満退社できましたか?

例えば引っ越さなければならなくて転職を余儀なくしたけれど数年後にまた引っ越して戻ることとなり、それで前職に戻るという事ならば可能かもしれません。

しかし、少なからず何かしらの不満を感じて転職した場合、出戻りが受け入れられるはずはありません。

つまり出戻りは不可能に近いのです。

基本的に転職は一方通行です。
”転職”という選択肢を選んだら戻る事はまず不可能です。

 

今の会社よりも新しい会社の方が絶対に良いと言い切れるのかどうか、一度よく考えてみる必要があります。

一度その会社を出たら、前職に戻ることはまずできません。
よほどの理由がない限り出戻りを希望することも恥ずかしいですし、出戻りを認める会社もないのです。

 

出戻りできでも【退職前の待遇にはならない】

仮に、転職した後に「前職のほうが良かった」と思って運良く前職に戻ることができ、しかも以前と同じ部署に出戻りできたとしましょう。

しかし、あなたが以前と同じ待遇を得られるかどうかは別問題です。

仮に前職において、あなたが課長だったとします。
課長が仕事を辞めたら、当然新しい課長が必要になりますね。空いたポストを埋めなければ業務に支障が出てしまうからです。

つまり、あなたが転職後「前の会社の方が良かった」と出戻りしたとしても、その時点で既に課長のポストは埋まっている可能性があり、あなたが戻ったとしても、以前のポストがまだ残っているかどうかは全くの別問題なのです。

むしろ、残っていない可能性の方が高いと言えるでしょう。

出戻りしてきた人間に幹部職を与える会社はまずないでしょう。
つまり、何かしらの不満を感じて転職したけれど新しい職場に満足せず、前職に戻ると言う決断をした場合、前回と同じ待遇を得られる可能性は極めて少ないのです。

私から言わせてもらえば、出戻りの社員がいたらハッキリ言って

『はぁ?文句言って辞めたのになに戻ってきてんの?』
『よく戻ってくるわ~スゴイ神経してるわ~』

と思ってしまいます。
恐らく周りの同僚も少なからずこのように考えてしまうでしょう。

つまり、前職に戻っても居心地が悪くて「転職後の会社のほうが良かった」と後悔することになってしまう可能性もあるのです。

こうなってしまうと【行くも地獄 戻るも地獄】状態です。

ただし、これはあくまでも前の仕事に出戻りできた場合の話です。
普通は1度辞めた会社に戻る事はまずできません。

しかし、仮に「前の会社のほうが良かった」と後悔し、出戻りができたとしても、同じ待遇を得られるとは限らないという事はしっかりと覚えておきましょう。
そうなれば、さらに転職を繰り返しては後悔する、ということになりかねません。前職に戻ることができたとしても、それはそれでリスクがあるのです。

 

前職に戻りたいと後悔しない為には転職先の情報収集をしっかり行う事

 

現状に不満や問題がある場合の転職は急いでしまいがちですが、『なんでもいいから転職したい』とあせってしまうと、後悔してしまう可能性が高くなります。
その危険がある方は次のポイントを参考にしてまずは落ち着いて考えてみましょう。

転職先であなたの問題は本当に解決するのかを考える

「今の仕事は自分がやりたいことではない」「同僚との人間関係がうまくいかない」「今の仕事は残業が多すぎて辛い」など、転職を考えるときは様々な理由が存在します。

それではいざ転職活動した場合、本当にその問題が解決できるのかどうか考えなければいけません。

「今の仕事は自分がやりたいことではない」と考えて転職を求める人はたくさんいますが、そもそも新入社員にいきなり大きなプロジェクトを任せる会社があるはずがないのです。

新しい会社に入社して自分がやりたい仕事ができるのでしょうか?

 

人間関係に問題があると思っている方は、どこの会社であっても人間関係には向き合っていかなければいけない事を忘れないでください。

目の前の人間関係の問題に背中を向けたとしても、新たな環境で同じ問題に直面しないとは限りません。

 

残業が辛くて転職を考えているのであれば、残業がなければ収入が減ってしまうという可能性も考えておきましょう。

残業さえなければ良いのでしょうか?
確かに夜遅くまでの残業は辛いところもありますが、でも残業しなかったら基本給しかもらえない。つまり収入が少ない、ということも考えられます。

 

 

今の会社の問題ばかりに目をとらわれず、新しい会社ではその問題が本当にないのかどうか、それによる弊害は無いのかどうかということをしっかり考えなければ後々後悔することになってしまうでしょう。

前職で感じた問題がすべて解決できる都合の良い転職先は滅多にないともいえます。
そして前職に未練があっても簡単に戻ることはできません。
前職の方が良かったと後悔しても遅いですし、出戻りした人には良い境遇はまずないといえるでしょう。

出戻りは特別な事情がない限り、受け入れがたいものです。

情報収集を念入りに行う

新しい職場で後悔しない為にはやはり事前に転職先の情報収集を行う必要があります。

今はネットの口コミや評判で企業の内情まで調べる事ができる場合があります。
他にも転職サイトで下調べなどもできるでしょう。

また、転職を考える際、転職エージェントを利用して情報収集する方もいます。

エージェントの担当者に転職したい理由などもしっかりと話し、情報収集を行いましょう。

転職したは良いけれど、前職の方が良かったと感じてしまったり、出戻りを希望してしまったりすれば、非常にもったいないことになります。

そうならない為にもエージェントの情報を利用して、希望の転職先はどのような会社なのかを調べるのです。

 

また、前職に戻るという事はまず不可能ですし、戻ることができたとしても、独自の都合で出戻りしてきた人間を快く受け入れる会社はまずありません。

「一度辞めたくせに」「出戻りしてきたんでしょ」などと同僚から白い目で見られることさえあります。

そうなれば、せっかく前職に戻ったとしてもかえってつらい境遇に置かれてしまうかもしれません。転職がうまくいかずに前職に戻る決意をし、そこで白い目で見られたら、一生後悔してしまいます。

 

出戻りとはそういうことなのです。

まとめ

転職をした結果、新たな環境で自分の力を発揮する人がたくさんいる一方、転職をしても満足できず、かといって前職に戻ることもできずに転職を繰り返す人も少なくありません。

出戻りはまず受け入れてはもらえません。
前述の通り、転職先に不満があっても、前職に戻ると言う事はまず不可能です。

そもそも不満を抱えて退職した人間が出戻りを希望したとして、会社がそれを受け入れるはずがないのです。
そのため、転職先に不満を抱えた場合は前職に戻ることもできず、新たな転職先を探すことになってしまうのです。

そして転職の回数が多くなりすぎてしまうと、いざ転職活動をして面接にこぎつけたとしても、履歴書を見た人に「この人は転職が多い」と言う印象を与えてしまえば、「この人はこの会社でも長続きしないかもしれない」「すぐに辞めてしまうかもしれない」と思わせてしまうため、そもそも採用される確率が下がってしまうのです。

今の日本において、転職の回数が多すぎるのは転職にあたって不利になってしまうのです。

そのため、「次の会社が合わなかったら、また転職をすれば良い」という考え方は現代社会においては非常に甘いといえます。

転職をするなら”今回1回のみ”と考えてしっかりと行わなければいけません。
そのためには今の会社の方が待遇が良いかもしれないと言うことも念頭に置き、転職エージェントの担当者ともしっかり話し合った上で情報収集をすることが大切です。

そして前職に未練を感じて戻る決意をしても受け入れてもらえず、
【前職に戻ることはできない場合が多い】
【戻ったとしても出戻りの人間に同じ待遇は与えられない可能性が高い】
【出戻りの場合はつらい境遇に置かれるかもしれない】
【出戻りは損をすることが多い】
ということをしっかり頭に叩き込んでおきましょう。

仕事探しが”大仕事”になっていませんか?

「そろそろ転職しようかな…」
「いつかは転職したい…」

 

そう思っていても、今の仕事が忙しくて休日はクタクタ…。

 

「転職したくても疲れきっていて気力がない…」という人はいませんか?

 

「転職活動が大仕事」という人はぜひ”転職エージェント”を上手に活用しましょう。

転職エージェントはあなたが”天職”に就くためのマッチングのプロです。

 

どんなに疲れていてもエージェントはあなたにあった仕事を見つけてくれますので、転職活動が大仕事になっている人は転職エージェントを活用して転職を成功させましょう。

 

転職エージェントを初めて利用する人はなにかと不安も多いかもしれませんが、ぜひ当サイトの記事を参考に転職を成功させてください。

 

当サイトでおすすめしている転職エージェントも下の記事で紹介しています。
こちらは多くの求職者に人気の大手の転職エージェントですので、初めて転職する方向けとなっています。

握手
はじめて転職する方におすすめ【人気・定番の転職エージェント3選】転職サイトに比べ転職エージェントはより転職が現実的になった時に登録するのがおすすめです。 転職エージェントは担当が付きますので担当...