とある人事の豆知識

正社員でも生き地獄の客先常駐とは?絶対にやってはいけない3つの理由

客先常駐地獄

IT関連の職種の中に「客先常駐エンジニア」という職種があります。

IT業界で働きたいと思っている方は聞いたことがあるかもしれませんが、この客先常駐の仕事だけは絶対に選んではいけません。

 

客先常駐の仕事は転職がとても難しくなります。
むしろ人生ハードモード確定です。

 

客先常駐は人生を棒に振る一番やってはいけない職種と言っても過言ではありません。

 

今回は【客先常駐とは?】について解説していきます。

今回は

・客先常駐とは?
・客先常駐をやってはいけない理由

を中心に客先常駐についてまとめた内容となっています。

 

客先常駐とは?

まずIT業界の客先常駐という仕事について説明してきます。

 

客先常駐とは企業にシステムエンジニアを派遣し、その会社に常駐してシステム開発やプロジェクトの一部を行う働き方です。

また客先常駐には「正社員で客先常駐する場合」と「派遣社員で客先常駐する場合」があり、IT業界では労働力そのものを提供する特定派遣が一般的です。

 

派遣される社員は派遣先に直接出勤して、定期的に報告書を会社に提出します。

 

正社員として客先常駐する場合も基本的には派遣と同じですが、正社員と派遣の違いは”仕事がなくなった時”です。

 

正社員の場合は常駐先(派遣先)の仕事がなくなったとしても雇用主(会社)から給与が支払われますが、派遣社員は次の仕事が決まらないと給与はもらえません。

大きく違うのはこの給与面の安定性くらいなものでしょう。

SES(システムエンジニアサービス)とは?

IT系の企業の求人の場合、SES(システムエンジニアサービス)会社が募集している場合があります。

これはSES会社が雇用し派遣先に出向しプロジェクトの支援を行いますので、客先常駐とほぼ同じです。

 

客先常駐を絶対にやってはいけない3つの理由

冒頭で「客先常駐はいちばんやってはいけない職種」と述べました。

 

どうしてやってはいけないのか?

どうして人生を棒に振ってしまうのか?

 

その理由をここで説明します。

 

1、スキルが身につかない。

客先常駐の仕事として多いのが簡単なプログラミングやテスト工程の数値管理などです。

いわゆる単純作業です。

測定器

単純作業といっても誰かがやらないといけませんが会社の正社員でやることでもないので外注するのです。

 

ですので企業はSES(システムエンジニアリングサービス)会社の社員に単純作業を依頼しているのです。

 

この単純作業を何年も行うのが客先常駐の社員なのです。

 

この単純作業、外注に出せる程度のレベルの仕事をやっててスキルが身につくと思いますか?

 

簡単な作業ばかりを続けていても自分のスキルアップにはならないので、いざ転職をしようとしても相手にされない事があります。

 

気づかずに40代、50代を迎えてしまうと、さらに転職が困難になる恐れもあります。

 

2、年収が上がらない。

客先常駐の仕事は単純作業、単純労働なので誰でもできるので簡単な研修で派遣されます。

その単純労働を派遣先との契約が終わるまでずっとやっていくことになります。

 

前述しましたが単純労働を毎日やっていても身につくスキルはたかが知れています。

客先常駐の仕事ではスキルが身に付くことはありませんので当然年収も上がりません。

 

悲しむ諭吉

客先常駐ではどんなに働いてもキャリアアップはしませんし年収も上がらないのは間違いないと言えます。

 

3、客先での差別問題。

ある程度の規模の会社に勤めていると派閥のようなコミニュティが形成されることがあります。

また、人は自分よりも劣っている人を見つけて蔑む傾向があります。

そこで単純作業を請け負っている客先常駐の人(スキル必要ない人)が下に見られることがあります。

嫌味な上司

表面上、見下しているつもりはないようでもどこかで下に見られていると感じてしまうと気持ちがすさんできます。

 

下に見られているという感覚が積み重なってしまうと自分を卑下するようになってしまい、いつの間にか「諦め」に変わってしまうのです。

 

仕事を始めた頃は夢と希望に満ち溢れていても、いつの間にか「自分はできない人間」と思い込んでしまい、自分の可能性を自分で閉ざしてしまうのです。

 

客先常駐を続けることのリスク

客先常駐をやってはいけない理由を説明しましたが、今度は客先常駐のリスクについても触れておきます。

 

エンジニア職というのは日々新しい技術が生まれ進化している業界です。
ですので自分の市場価値を高めるには常にスキルアップをしていかないとならないのです。

 

客先常駐という働き方は一見安定しているように見えるかも知れませんが実は先の見えない不安定な働き方で、リスクがたくさんあります。

 

特に客先常駐でありがちなリスクは仕事がなくなるリスク。
つまり”解雇”です。

「そんな簡単にクビにできるわけないだろう」

と思うかもしれません。

 

確かに不当な解雇はできませんが、整理解雇(リストラ)というリスクが潜んでいます。

会社の経営が悪化した場合、会社は人員整理を行う事があります。

 

エンジニア職の場合、リストラの対象に上がりやすいのは40代から50代の中堅エンジニアです。

 

40代から50代のエンジニアは20代30代に比べコストが高いので、リストラの対象になりやすい傾向にあります。

 

また、40代50代の中堅エンジニアが再就職しようとしてもかなり難しいでしょう。

 

管理人
管理人
今20代30代の若い世代の人でも安心はできません。

あなたが中堅エンジニアになった時に会社の経営が悪化すればあなたもリストラの対象になるでしょう。

また、客先常駐でスキルがない若い世代でも転職をするとなると苦労する可能性があります。

エンジニア職。特に客先常駐のエンジニアは将来職を失って苦労するリスクが高いと認識しておきましょう。

 

客先常駐は地獄。万が一の客先常駐の仕事に就いてしまったら。

客先常駐が地獄だということはおわかりいただけましたか?

 

客先常駐の仕事は

  • スキルが身につかない。
  • お金も増えない。
  • 気力もなくなる。
  • 仕事がなくなるリスクがある。

という事を忘れないでおきましょう。

 

万が一客先常駐の仕事に就いてしまったら。
自分の働き方が客先常駐だとわかったら。

どうすればいいのでしょうか。

 

答えは一つ

 

今すぐ転職活動を始める

 

これしか方法はありません。

 

客先常駐の仕事だけは絶対に避けるようにしましょう。

 

客先常駐の仕事はIT業界に限った事ではありません。
今回は代表的なIT業界での例をご紹介しましたが、他の業種でも同じような状況もあります。

例えば”コールセンター”ですね。
この客先常駐の仕事をしている人は真剣に転職を検討した方がいいでしょう。

 

参考:ITエンジニアの方の転職に強いエージェント

客先常駐という働き方は将来を見据えた時不安になる働き方です。

 

あなたが将来結婚をして子供を育てていく時、今のままで幸せな家庭が築けますか?

 

「将来に不安はない」
「今のままで十分幸せ」

という方はここで読み終えていただいて問題ありません。

 

ですがもし

 

「実は将来に不安がある」
「不安はあるけど目の前の仕事で精一杯」

という方はまずは最初の一歩を踏み出す時です。

 

IT関係やエンジニア職の方が有利に転職するにはITエンジニア職専門の転職エージェントに登録することです。

 

エージェントに登録すると、あなたの代わりにエージェントがあなたの希望に近い企業を紹介してくれます。

 

客先常駐ではない正社員としてエンジニア職を続けることも夢ではありません。

そのためにはあなたが一歩踏み出すことが絶対条件です。

 

毎日忙しい中転職活動をするのは大変だと思うので、参考までにIT、エンジニア職の転職に強いサービスをご紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。

 

1、マイナビエージェント×IT

マイナビエージェント×IT マイナビエージェント×ITは、IT・Web業界に強い転職エージェントです。
国内最大級の転職支援実績を持つマイナビのメリットを活かし、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、太いパイプを持っています。
IT業界出身のキャリアコンサルタントがブレーンとなり、一人ひとりのニーズにマッチした転職を提案します。

マイナビエージェント×ITでは、大手SIer、SIer各社、コンサルティングファーム、監査法人を含めて、取引先に主だった企業をほぼ網羅しています。

管理人
管理人
マイナビエージェント×ITは社内SEの求人が多いです。

上場企業、優良企業の求人はじめ、企画設計から開発、運用保守まで上流から一貫して携われる求人、残業月20時間以内などワークライフバランスを考慮した求人など、志向性やITエンジニアの力量に合わせて求人を提案できます。

マイナビエージェント×ITはこちら

 

2、ワークポート

ワークポートテック ワークポートは10年以上、IT/インターネット業界専門でサポートをしている実績があり2014年に総合型に統合しました。

ワークポートはIT/インターネット業界だけでも約2000社との取引実績があり、常時15,000件の求人案件を保有しています。

 

管理人
管理人
ワークポートにも非公開求人が豊富にありますし、転職コンシェルジュは、業界ごとの転職に精通した専門家なので、ミスマッチを回避できるでしょう。

IT業界に強い転職エージェント【ワークポート】はこちら

3、レバテックキャリア

『レバテックキャリア』はIT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスで、IT・Webの業界や技術に精通した専任のスタッフが、キャリアの相談から、企業のご提案、条件面交渉など幅広い転職サポートを提供しています。

 

レバテックキャリアは関東・関西の求人に強く、IT・Web業界に特化し常時5,000件を超える求人登録数を誇り、レバテックだけの非公開求人数も多数あります。

レバテックキャリアのアドバイザーはIT業界に精通したスタッフなので、専門用語はもちろん、最新技術の話が通じます。

管理人
管理人
パーソナリティや志向性に合った求人を提案し、年収290万アップの実績も多数ありますので、IT業界で年収アップを目指す方にもおすすめの転職エージェントサービスです。

レバテックキャリアの登録はこちら

 

 

 

仕事探しが”大仕事”になっていませんか?

「そろそろ転職しようかな…」
「いつかは転職したい…」

 

そう思っていても、今の仕事が忙しくて休日はクタクタ…。

 

「転職したくても疲れきっていて気力がない…」という人はいませんか?

 

「転職活動が大仕事」という人はぜひ”転職エージェント”を上手に活用しましょう。

転職エージェントはあなたが”天職”に就くためのマッチングのプロです。

 

どんなに疲れていてもエージェントはあなたにあった仕事を見つけてくれますので、転職活動が大仕事になっている人は転職エージェントを活用して転職を成功させましょう。

 

転職エージェントを初めて利用する人はなにかと不安も多いかもしれませんが、ぜひ当サイトの記事を参考に転職を成功させてください。

 

当サイトでおすすめしている転職エージェントも下の記事で紹介しています。
こちらは多くの求職者に人気の大手の転職エージェントですので、初めて転職する方向けとなっています。

握手
はじめて転職する方におすすめ【人気・定番の転職エージェント3選】転職サイトに比べ転職エージェントはより転職が現実的になった時に登録するのがおすすめです。 転職エージェントは担当が付きますので担当...