転職の悩み・疑問

必見!転職で年収を上げるためのポイントと注意する事

お金

転職の理由には様々ありますが、中でも男女共に多い理由として”給与に不満がある”方が実は多いです。

男性の転職理由ランキング

働いている給与に不満がある方は年収アップの為に転職を考えていると思いますが、それはあなただけではないので安心してください。

ですが転職の前に会社によっては資格を取得すると年収アップにつながる所もあります。
そのような制度があなたの会社にあるのであればぜひ資格を取って年収を上げる方法をおすすめします。

 

ですがそのような制度がない会社ではなかなかすぐには年収は上がりません。
そこで年収を上げるのに一番手っ取り早い方法として”転職”があげられるのです。

ですが年収アップを目的とした転職をするには注意が必要です。
ヘタをすると逆に年収が下がってしまったり、入社後肩身の狭い思いをするという事もあります。

今回は【年収アップを目指す転職の注意点と成功するためのポイント】について紹介します。

 

転職でどれくらい年収は上がるのか?

今の年収に不満がある方にとっては
『転職をして少しでも年収をアップさせたい』
と思うのは当然の事です。

ですが転職をする事で平均どれくらい年収が上がるのでしょうか。

転職サイトDUDAのデータによると、年収約417万円の人の年収アップ額は平均56.7万円ですので年収は約12%アップとなっています。

年収アップのモデルデータ引用:https://doda.jp

業種や地域によって差はありますが、平均すると転職前の年収が10%アップすれば転職の成功といえるのではないでしょうか。

 

年収アップするためにはどこにフォーカスするべきか?

では、具体的に年収アップの方法についていくつかの方法がありますので紹介していきましょう。

求人内容で判断できる方法と求人では見えない部分について紹介します。
まずは求人内容で判断できる部分にフォーカスしてみましょう。

見る

1、基本給で年収アップ

わかりやすい手段としては”基本給が今よりも高いかどうか”で判断できます。

基本給がアップすると必然的に年収もアップしますので、判断基準としてはわかりやすい部分になります。

とはいえ基本給だけで決めてしまうのはよくありません。
基本給が高くなっても控除がその分多いと結果的に年収が今までより低くなる事がありますので注意が必要です。

2、福利厚生、その他手当で年収アップ

会社によっては福利厚生が充実していたり、基本給はあまり変わらないですが、諸手当で実質的な年収アップになる企業もあります。

例えば基本給は同じでも、住宅手当や燃料手当て、場合によっては勤務地手当などが別途ついて最終的な年収に差が出る事もあります。

その他福利厚生も企業によって差が出る事がありますので、そちらも同様に年収に影響する部分になる事も考えられます。

3、インセンティブや評価制度で年収アップ

こちらも年収に差が出る大きな要因になります。
例えば”インセンティブ”制度です。

営業職には比較的多いのですが、インセンティブつまり一定のノルマをクリアした人に与えられる”奨励金”が大きい場合もあります。

特にハウスメーカーは単価も数千万円単位なので、その分インセンティブが設定されている事があります。

この”インセンティブ”の金額とその”達成条件”によっては比較的インセンティブで年収に差が出る事があります。

 

年収が上がる転職。下がる転職

転職の方法によって年収をアップさせたいというのが転職の主な目的にしている人にとっては重要な部分になります。

転職で年収をアップさせたい人にとってはぜひ参考にして頂きたい部分になります。

年収を上げる為の転職

年収はあなたのこれまでの知識や経験が影響します。
他の企業でも通用するスキル(例えば営業手法や店長経験、財務管理の経験など)があればその経験を活かす事は十分可能ですが、異業種へ転職するという事はあなたのこれまでのスキルを一度リセットする可能性があるからです。

転職で年収アップを狙うには”同業他社がおすすめ”です。
基本的に企業は即戦力として企業側が求められていますので、あなたのこれまでの知識や経験を企業が正当に判断してくれれば年収アップにつながります。

 

年収を下げる転職

同業他社であればあなたの知識や経験を発揮できるのでしょうが未経験の場合の転職になるとあなたのこれまでの知識や経験がすぐに活かせない事もあります。

例えば製造業一筋の方が販売業へ転職するといったように、これまでの経験が活かせない場合があります。

そうなると希望の年収に満たない事も考えられます。
注意したいのは異業種への転職は年収ダウン(もしくは同じくらい)の可能性があるという事です。

 

年収アップを目的とした転職の注意点

年収アップの転職はもちろん可能ですが注意点もあります。
それは”企業側の期待値の高さ”です。

企業側の視点で考えると【高い報酬を設定するにはその報酬に見合った働きを期待している】という事です。

つまり年収が上がるという事は”入社後のあなたの活躍が求められている”という事になります。

例えば企業側があなたの能力を高く評価して業務の生産性の向上を期待して採用したのに、ふたを開けると生産性はこれまでと変わらないとなると入社後のあなたの評価が大きく下がってしまう事もあります。

新卒にせよ中途採用にせよ、企業として人を採用するという事は”将来のあなたの活躍を期待して先行投資する”という事です。

 

あなたの望む年収で労使関係を結んだ場合、企業はそれ相応もしくはそれ以上の活躍を期待しています。

入社後はその期待に応えられるように取り組む責任がありますので、この点をしっかりと踏まえて、お互いにwinwinの関係になれる転職を目指しましょう。

仕事探しが”大仕事”になっていませんか?

「そろそろ転職しようかな…」
「いつかは転職したい…」

 

そう思っていても、今の仕事が忙しくて休日はクタクタ…。

 

「転職したくても疲れきっていて気力がない…」という人はいませんか?

 

「転職活動が大仕事」という人はぜひ”転職エージェント”を上手に活用しましょう。

転職エージェントはあなたが”天職”に就くためのマッチングのプロです。

 

どんなに疲れていてもエージェントはあなたにあった仕事を見つけてくれますので、転職活動が大仕事になっている人は転職エージェントを活用して転職を成功させましょう。

 

転職エージェントを初めて利用する人はなにかと不安も多いかもしれませんが、ぜひ当サイトの記事を参考に転職を成功させてください。

 

当サイトでおすすめしている転職エージェントも下の記事で紹介しています。
こちらは多くの求職者に人気の大手の転職エージェントですので、初めて転職する方向けとなっています。

握手
はじめて転職する方におすすめ【人気・定番の転職エージェント3選】転職サイトに比べ転職エージェントはより転職が現実的になった時に登録するのがおすすめです。 転職エージェントは担当が付きますので担当...