転職活動の基本

未公開求人多数!転職エージェントの役割と上手な使い方

転職エージェント握手

転職エージェントとは

一般的に転職エージェントと呼ばれる事が多いのですが、正式名称は【有料職業紹介事業所】となっており、厚生労働省から認可を受けた職業斡旋を専門とする会社を指します。

転職エージェントは、本来業務として求人情報の提供や応募先企業との面接日時調整といった役割を持ちますが、各社競争が激しくなったことで専属のキャリアコンサルタントを付ける会社が少なくありません。

現在の転職エージェントの役割としては、単に求人を紹介するだけではなく、転職希望者と担当コーディネーターが面談を行ない、転職先職種に対する適性やスキルアップといいった具体的な相談が出来る体制が維持されています。

転職エージェントの収入源は、転職希望者が企業に採用された時に企業から受け取る成功報酬です。
面接を通過するためのテクニックや適性に合った求人を紹介して、全力で手助けすることは、全て収益に繋がるからと知っておくと良いでしょう。

転職エージェントを活用した転職の流れについて

転職時に転職エージェントを使いたいと考えた際は、まず転職エージェントに登録を行なう必要があります。

登録時に専任担当者がコンサルタントまたはコーディネーターとして付くことが多く、最小限の面接回数で採用に至るように全力でサポートしてもらえます。

専任担当者との面談時には、現在の職種とスキルチェックが行われて、転職先の希望職種とのマッチング相談が可能です。
転職エージェントでは、職種ごとに企業担当者がいるので、応募先企業の社内事情をある程度熟知しているケースが多くなります。

転職先職種に対して、スキル不足が疑われる場合には、具体的にどのスキルや資格取得が必要となるのかというアドバイスも受けられます。
個別の面談により、転職応募先の職種が決定してから、実際の求人情報を紹介してもらえます。

応募先企業の希望を決めると、履歴書や職務経歴書の書き方についてもアトバイスを貰え、面接突破にコツが必要な企業についてはコンサルタントによる模擬面接も行なうなど、積極的な転職サポートを受けられるわけです。

1次面接から順次突破し、役員面接に至るまでには面接ごとのコツが存在するので、面倒見が良い転職エージェントを選ぶことが転職成功の近道と言えるでしょう。

転職エージェントを活用した転職のメリットとは

転職を行なう迄には、様々な個人的な理由が存在します。

転職エージェントを活用することで、中途採用だからといって不利になることは無く、キャリアアップの一環として転職を行なうと考えられるようになるでしょう。

求人誌や求人サイトを見て応募する場合とは異なり、転職エージェントには転職希望者を担当するコーディネーターと、企業担当者が別に存在していることが多いです。

転職エージェントには、求人サイトには掲載されない非公開求人という枠を持っている会社が多いので、高待遇な案件については非公開求人からピッタリな会社を紹介してもらえる可能性があります。

企業の人事担当者と転職エージェントの企業担当者の人脈により、一次面接が免除されて二次面接から行えるケースも少なく無いので、コーディネーターの使い方として人脈に期待してみると良いでしょう。

非公開求人では、ライバル会社に対して人材不足という点を露呈することなく、優秀な人材を採用出来るという企業側のメリットがあるので、転職希望者にとっても好条件な非公開求人に出会える可能性があります。

求人サイトに掲載されている情報だけでなく、非公開求人までも転職先候補に入れることが出来て、企業情報をコーディネーターから詳しく聞ける転職エージェントならば、応募時に得られる情報量の多さと正確さに対して期待を持てます。

転職エージェントと転職活動する際のポイント

転職エージェントの数は50社を超えているので、転職希望先の職種に対して強い会社を選ぶことが重要です。

技術系の転職に強みを発揮する転職エージェントがある一方で、不動産業や営業職に強い会社もありますので数社のエージェントに登録する事もおすすめです。

希望する職種に対して多くの非公開求人情報を持っていそうな転職エージェントを選べば、登録する転職エージェントの数を最小限に出来るでしょう。

転職エージェントの多くは、転職成功時に採用先企業から成功報酬が支払われるので、複数の転職エージェントへ登録していても問題ありません。

転職エージェントへの登録や登録後のサポート力に疑問を感じたら、迷わず別の転職エージェントを利用するといった使い分けを行なうことも重要です。
転職エージェントのコーディネーターは、登録者が実際に就職しなければ利益が出ないので、登録から3ヶ月程度は積極的な求人情報紹介を受けられます。

しかし半年を経過して以降は、やる気が見られなくなることもあるので、資格取得待ちといった状態以外では、登録から面接を受けるまでの期間を3ヶ月以内に設定すると良いです。

転職支援サービスの質については、実際に転職エージェントへ登録してみないと分からないので、大まかな傾向を掴んだ上で実際に登録してコーディネーターとの面談により確認する所から始める使い方をしてみましょう。

【転職活動を始める時に登録する転職サイトは3つでOK!】

「そろそろ転職活動を始めようかな?」
「いつかは転職したい」

といったように”転職時期が未定”の場合はまだ転職エージェントは必要ありません。

まずは下の記事のおすすめ転職サイトに登録して自分のタイミングで求人を検索しておけばいつでも本格的に転職活動がスタートできます。

100%成功
あなたの転職を成功に導くおすすめの転職サイト求人を探すには転職サイトがおすすめ 転職活動を始めるときに役立つのが”転職サイト”です。 今では転職活動に必須ともいえる存在とな...