転職の悩み・疑問

【注意】有給消化中に『転職先で仕事をする』・・・だと?

在宅でバリバリ仕事する赤ちゃん

転職先を見つけて今在籍している会社を離れる場合、消化していない有給を使用してしまいたいと考える人も多いのではないでしょうか。

会社を辞める場合でも残っている有休に関してはそれを利用することが出来る権利があるわけですので、有給を消化すること自体はなんら問題はありません。

有給を消化して次の職場に転職する場合には、本来の退職日よりも早く会社からいなくなるわけで、次の転職先で働き始めるまでの期間、有給消化中の期間が勿体ないと感じることもあるでしょう。

多くの方は有休消化中をのんびり過ごしたり、これまでできなかった事に時間を費やす方がほとんどです。

ですが中には
『今の職場と転職先の職場で給料を貰える!』
『1日でも早く次の業務に慣れておきたい』

と考える方もいるのではないでしょうか。

実際、現職の有給消化中に転職先の会社で働くことは果たして可能なのでしょうか?

 

有給消化中に転職先などで働いていいのか?

【現職の有給消化中に次の職場で働く】

これに関しては基本的には有給消化中であっても転職先で働くことは可能といえます。

なぜなら有給を消化中の間は現在雇用されている会社に行く必要はなく、仕事をすることもないためです。

有給休暇中に仕事

単純に働く事は可能でも問題となってくる事がいくつかあります。

有給消化中は転職先の雇用保険に加入できない

ひとつは有給消化中はまだ転職先に在籍しているわけではなく、雇用契約も締結されていない状態であること。

そして現在雇用されている企業と雇用契約が終了していないと言うことが考えられます。

そのため雇用保険の問題が必ず生じることになりますし、雇用保険は社員を雇用する場合に必ず契約が必要となる保険のため、有給消化中に転職先で働き始めた場合には転職先の会社で雇用保険に加入することが出来ません。

健康保険に関しては同時に2社で加入することは可能ですし、労災保険や厚生年金に関しても同時加入が出来るのでこれに関しては問題が起こることがないのですが、雇用保険だけは同時加入不可の保険のため、これをクリアしないと有給消化中に働いて何かトラブルが起きた場合にそれを回避することが出来なくなります。

前職の就業規則の問題

それと現在まだ雇用契約が続いている会社の就業規則の問題もあります。

就業規則によっては副業を禁止している場合もありますし、二重労働の禁止と言った取り決めもあると思います。

有給消化中に転職先で働くことはこの就業規則違反となる可能性が高く、もしそれを会社が問題だと判断した場合には損害賠償請求となる可能性も高くなります。

 

有給消化中の場合はまだ雇用契約が継続しているわけですので、会社に行っていないとはいえ就業規則違反になる行為は避けなければいけません。

この場合現職の企業と転職先の企業両方に迷惑をかけてしまうことになることを理解しておく必要がありますし、就業規則や雇用保険の問題があることも頭に入れておきましょう。

 

有給消化中の労働の報告は現職に必要か?

転職が決まって現職の会社で貯まっていた有給を消化する場合、消化中の労働に関して転職先、前職の職場に報告は必要なのでしょうか?

恐らく多くの人は「どうせ有給消化が終わったら転職先で働くので報告はしなくても問題ない」と考えるかもしれませんが、有給消化中の労働は転職先、前職の職場に必ず報告が必要となります。

 

なぜなら報告しないまま有給消化中に転職先で働き始めた場合、転職先に提出する必要がある源泉徴収の提出もできない為、税金関係の引き継ぎ業務が出来ません

これは転職先の企業の事務に対し多大な迷惑をかけることになりますし、引継ぎが出来ない場合には正しい税金の計算も出来なくなるので最悪自分で確定申告を行うことになる場合もあります。

それと雇用保険は二重契約できないと説明したとおり、まだ有給消化中である限り雇用されているのは前の会社になるので、その間は転職先の雇用保険に加入することが出来ません。

そのため転職先には有給消化中であることを必ず伝えましょう。

それでもOKであれば前倒しで仕事をするということを伝える必要があります。
もちろん前職の会社にも必ず報告する必要があります。

これは雇用保険の資格喪失手続きをしてもらうために報告する義務があると考えなければいけません。

前職の会社に報告して雇用保険の資格喪失手続きを行なって貰えれば、転職先での雇用保険に加入することが可能になり雇用保険の引継ぎが出来るためです。

この作業を怠ると両社に多大な迷惑をかけることになるので報告は非常に重要な意味を持つと考える必要があるでしょう。

 

しかし両社に有給消化中に仕事をするということを報告した場合でも、他の問題がクリアできているわけではありません。

もし前職の会社がそれを許さない場合、勝手に有給消化中に労働をしたことが問題となり前職の会社からは損害賠償請求、転職先の会社からは就業規則違反となり懲戒解雇という処分を下される可能性もあります。

突然の解雇

この場合、損害賠償と解雇という最悪の結末を迎えてしまうことも考えられますので、それを回避したいのであれば有給消化中は働こうとせず、きちんと前職の雇用が終了した時点で転職先で働き始めるのが最良の方法となります。

 

まとめ:有給消化中は転職先で仕事をしない方が無難。

まずは有給消化中は前職、転職先に迷惑をかけないようにするべきです。

有給期間中の時間がもったいないと感じるのは理解できますが、余計なトラブルを引き起こさないためには有給を満喫してきちんと消化し、気分を一新したうえで転職先での仕事をスタートさせるほうが安全だといえます。

 

余談ですが、一部の企業では退職の際に残った有給を買い取ってくれる企業もありますので、在職中に情報収集をしておくのもいいでしょう。

 

有給の日数、買取などの詳細については転職前に有給が消化できないのは違法?なら有給は買い取ってくれるのか?をご覧ください。

宮古島
【知らないと後悔】転職前に有給が消化できないのは違法?なら有給は買い取ってくれるのか?長年働いた会社を退社する時、有給休暇の消化について気になる方も少なくないでしょう。 有給休暇は従業員の権利ともいえますが、その権利...
【転職活動を始める時に登録する転職サイトは3つでOK!】

「そろそろ転職活動を始めようかな?」
「いつかは転職したい」

といったように”転職時期が未定”の場合はまだ転職エージェントは必要ありません。

まずは下の記事のおすすめ転職サイトに登録して自分のタイミングで求人を検索しておけばいつでも本格的に転職活動がスタートできます。

100%成功
あなたの転職を成功に導くおすすめの転職サイト求人を探すには転職サイトがおすすめ 転職活動を始めるときに役立つのが”転職サイト”です。 今では転職活動に必須ともいえる存在とな...